小笠原マルベリー

空き地や道端に雑草のように生えるハチジョウクサイチゴ


 

草地や道端に雑草のように生えるハチジョウクサイチゴ

 

概要

 

’21/3月頃より

ハチジョウクサイチゴ(バラ科・外来種)の花が咲き始めています。

小低木で、大柄な白い花がよく目立ちます。

 

分布は父島だけで、

中央部から北部にかけての草地や道沿いに、野生化して広がっています。

チチジマイチゴ(固有種)とは分布が違うようで、

混生して生えている場所はほとんどないはずです。(植栽地はのぞく)

 

 

 

 

和名

 

ハチジョウクサイチゴは「八丈草苺」と書きます。

八丈島で発見されたため八丈がつきます。

カジイチゴとクサイチゴの自然雑種と言われています。

 

小笠原には開拓時代、八丈島から持ち込まれたようです。

ゆえに小笠原では外来種扱いとなります

 

小笠原ではシマミツバキイチゴとも言われます。

かつて固有種とされていた頃の名前の名残です。

これは3出複葉の形からの名前です。

 

 

 

 

 

 

大きめの白花5弁で、おしべ・めしべが多数。

 

おしべが外側で先端に葯があります。

めしべは中央部にまとまって白い糸状です。

めしべの内部には花床・かしょう(花托・かたく)があり、

イチゴの赤くなる部分です。

 

 

生え方

 

群生して生えるのが普通です。

個体の区切りはわかりにくいです。

 

 

葉とトゲ

 

シマミツバキイチゴと言われたように葉は3出複葉です。

 

茎にはとげがありますので、触るときには注意が必要です。

 

 

果実

 

栽培種に比べて、こぶりで丸っこい形です。

赤く熟れていても、やや酸味があり、甘みは少ないです。

食感はかなり水分が多い水っぽい感じです。

 

 

 

 

参考:チチジマイチゴ(固有種)

 

夜明・湾岸道路での自生植物(31)チチジマイチゴ

 

 

 

 

見るには?

 

父島中央部から北部にかけて、あちこちの道端や草地で雑草化しています。

都道・村道沿いでもよく見られます。

 

ツアー中も展望地などで花に気づけば紹介します。

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。