目次

 

はじめに

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

島一周 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

 

 

 

 

(31)チチジマイチゴ(バラ科・固有種)

 

小低木性の樹木、チチジマイチゴ。

地面をはうように群生して生えています。

 

和名で地名が入っていると、

その地域で発見やその地域特産ということが多いです。

このチチジマイチゴは

分布が父島だけの固有種です。

 

父島のみに分布する固有種です。

自生地も

長谷から北袋沢にかけてとかなり限定されます。

 

この自生地は

戦前に耕作地だったようなところです。

そのため、持ち込まれたイチゴの仲間が、

短期的に変化した可能性もあるのではと思います。

 

このルート沿いでは長谷でわずかに見られます。

 

他のイチゴでは、ハチジョウクサイチゴが、

固有種とされていて、のちに広域分布種となり、

さらに近年外来種とされた経緯もあります。

 

ハチジョウクサイチゴ

 

空き地や道端に雑草のように生えるハチジョウクサイチゴ

 

 

小笠原でイチゴの仲間の固有種は、

本種とイオウトウキイチゴの2種です。

イオウトウキイチゴは北・南硫黄島が自生地です。

 

 

火山列島分布のイトウトウキイチゴ

 

 

 

 

 

 

和名

 

チチジマチゴは「父島苺」と書きます。

まさに父島に生えるイチゴですね。

 

 

 

 

 

花期は3-4月頃。

 

花弁は白、5弁のようですが、

たいてい写真のように重弁となっていて、

弁数がわかりにくいです。

5の倍数でしょうか?

 

   

おしベ・めしべ多数です。

おしべは長くのび、先に葯がついています。

めしべは中央部にまとまって白い糸状です。

めしべの内側には花托があり、

イチゴの赤くなる部分です。

 

 

 

 

 

 葉は3-5中裂、重鋸歯があります

5裂が普通です。

 

 

 

 

 

チチジマイチゴとハチジョウクサイチゴの違い

 

分布が違っているので、

この2種が混成して生えているところはほぼありません。

 

宮之浜道の植栽地は

混成して植えられてしまっています。

 

<提案>小笠原での自然保護地域における植栽の樹種選定について

 

ハチジョウクサイチゴは

長谷以北の夜明道路沿いから北部道路沿いでよく生えています。

 

 

ハチジョウクサイチゴは、

葉がはっきりと3裂、花は白で5弁(重弁はない)です。

別名シマミツバキイチゴともいわれます。

 

シマミツバキイチゴの一部では

葉が2種の混ざったような形を見ることがあります。

 

 

 

 

 

ツアーでは

 

自然分布では長谷付近だけです。

道路沿いなので、車で移動時に紹介できます。

 

全ツアーメニュー

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。