小笠原マルベリー

火山列島分布のイトウトウキイチゴ


 

 

概要

 

北硫黄島・南硫黄島の火山列島のみに分布する、

イオウトウキイチゴ(バラ科・固有種)。

 

僕はかつて一度だけ北硫黄島に訪れています。

2009年、調査の助手で訪れました。

 

若くない僕が、

次に北硫黄島に訪れる機会はもうないでしょう。

この上陸はいい機会でした。

 

その時に本種を見ています。

 

北硫黄島調査上陸(2009年訪島・再編集版)

 

北硫黄島は、

標高400-500m以上の雲霧帯になると、

下界と植生が変わってきて面白いです。

 

イオウトウキイチゴもそういうところにあり、

標高400mくらいのところから生えていました。

 

500mくらいの尾根筋で、

花がついていたのを1株だけ見つけました。

 

小笠原群島には

チチジマイチゴが自生しています。

 

チチジマイチゴの花と比べて、

イオウトウキイチゴの花はやや小さかったです。

 

小笠原全体で自生するイチゴの仲間は

この2種です。

現在、

ハチジョウクサイチゴは外来種とされています。

 

 

 

 

 

和名

 

イオウトウキイチゴは「硫黄島木苺」です。

 

 

火山列島に生える(イオウトウ)

低木のイチゴ(キイチゴ)ですね。

 

キイチゴ属 – Wikipedia

 

火山列島の分布は北硫黄、南硫黄です。

中硫黄(硫黄島)には分布はないようです。

(要調査)

 

 

 

 

 

現地の様子

 

 

花は白花、5弁

チオジマイチゴの花より小ぶり

 

 

おしベ・めしべ多数です。

おしべは長くのび、先に葯がついています。

めしべは中央部にまとまって白い糸状です。

めしべの内側には花托があり、

イチゴの赤くなる部分です。

 

 

葉は浅く3裂、縁は鋸歯があります

 

 

 

見るには?

 

そもそも、

火山列島は普通には行くくことができません。

特別な調査研究などでしか訪れることはできません。

 

小笠原群島でも、植栽地はありません。

 

ひょっとして、

内地の植物園などには展示があるかもしれません。

(要調査)

 

なお島を見るだけなら、年に1-2回、

おがさわら丸による硫黄島三島クルーズがあります

島の周囲をまわるので、

島をある程度の距離で見ることはできます。

 

小笠原海運 (ogasawarakaiun.co.jp)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。