小笠原マルベリー

海軍振分山平射砲台


 

海軍振分山平射砲台

 

概要

 

かなり大きな海軍振分山平射砲台。

 

砲台は2つありますが、どちらも大砲は残っていません。

戦時中に、別な場所に移設されたようです。

十二糎高角砲が据えられていたようです。

 

父島ではこれほど大きな砲台は見たことがありません。

十二糎砲よりももっと大きな砲を据えることも可能な砲台であったと思います。

またここは岩場を掘った洞窟陣地ではなく、

コンクリートのトーチカです。

 

父島では、洞窟ではない、

こういうトーチカタイプの平射砲台は珍しいですね。

陣地の上は、

土と植物(サイザルアサやリュウゼツラン)でカムフラージュされています。

 

この砲台の周辺は、返還後しばらくは土地利用されていた所です。

その時に、

砲台内部は物置や休憩所として利用されていたようです。

そのため、ビールケースが残っています。

 

 

 

 

実際の様子

 

砲台1

 

砲台1 内部

 

砲台2  

 

砲台2  内部

 

 

砲台2 内部

 

 

 

 

訪れるには?

 

道路から15分ほど歩きます。

林内を歩きますが、一部滑りやすいところがあります。

 

砲がないので、戦跡ツアーでもそれほど行きませんが、

リクエストがあれば、行くことは可能です。

 

戦跡ツアー

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。