小笠原マルベリー

海軍第三百三設営隊居住壕(電信山)


 

海軍第三百三設営隊居住壕(電信山)

 

概要

 

父島の海軍設営隊は303と209の2つの部隊があったようです。

 

電信山の稜線近い所には、

海軍第303設営隊の居住壕がいくつか残っています。

ここからは、

山を下りると、奧村の海軍特別根拠地隊司令部がすぐです。

 

複数の壕の中で、釣浜口から一番近い壕を紹介します。

内部には、かまどや貯水槽もあります。

壕の中で十分生活できるようになっています。

 

出入口は複数あります。

さらに、縦穴で上へつながるところもあります。

 

上はまさに電信山歩道上にあります。

監視場所になっていたのでしょう。

上から下への通路は僕は通ったことがありません。

 

これは素朴な疑問です、

居住壕なのだから、もっと電信山のふもとのほうでいい気がします。

どうして、稜線近い上の方に作ったのでしょうかしら?

 

第二百九(209)設営隊の陣地はふもとで、

清瀬信号付近から奧村にかけてにありました。

そのため303は電信山の上になったのかもしれませんね。

 

清瀬信号付近には

「第二百九設営隊戦没者之碑」が残ります。

 

 

 

 

現場の様子

 

大型のコンクリート製貯水槽 内部には3つあります

 

3つのうち1つはいまだに水がたまっています。

上の岩から浸みてくるのでしょうか?

 

貯水槽の上には短い鍾乳石

 

貯水槽の蛇口

 

かまど

 

かまど

 

 

 

 

第二百九設営隊戦没者之碑

 

「第二百九設営隊戦没者之碑」清瀬信号付近にあります。

 

この碑はもう正面の文字が完全に消えています。

裏側の日付、昭和20年11月24日建之。

同隊の方が戦後、島から引揚げる前に立てたのですね。

 

二百九はこの近辺に部隊の本部があったため、

この場所に慰霊碑を設置したたようです。

この碑のすぐ近くの壕もこの部隊の居住壕であったようです。

 

 

 

 

訪れるには?

 

303居住壕は、

駐車場から5-10分ほどで、わりと近い場所にあります。

 

上の監視場所が歩道沿いにありますが、

ここから内部に下りるのは危険です。

複数の出入口は樹林の中や岩場のわかりにくいところにあります。

 

戦跡ツアーではたまに訪れます。

リクエストがあれば、確実に訪れます。

 

なお209戦没者之碑は清瀬信号付近にあるので、

すぐ分かり、自由に訪れることができます。

 

戦跡ツアー

 

 

小笠原・父島の戦跡

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。