小笠原マルベリー

「終わらざる夏」(浅川次郎)


 

 

「終わらざる夏」(浅川次郎)

 

概要

 

2010年発行、「終わらざる夏」(浅川次郎)

単行本は上・下2巻、文庫本は上中下3巻です。

終わらざる夏 上/浅田 次郎 | 集英社の本 公式 (shueisha.co.jp)

検索結果 | 集英社の本 公式 (shueisha.co.jp)

『終わらざる夏(上)(下)』浅田次郎|担当編集のテマエミソ新刊案内|集英社eisha.co.jp)

 

「戦況も敗色濃厚な昭和20年夏、

 3人の男に召集令状が舞い込み、北の孤島へ。

 45歳の片岡。4度目の召集となる歴戦の兵・鬼熊。

 若き医学生・菊池…。戦争の理不尽を重層的に描く渾身の長編。」

と紹介されています。

 

北の孤島というのは千島列島最北端・占守島(しゅむしゅとう)。

千島列島の島はなじみがないと、読みすら難しいですね。

 

日本はポツダム宣言受託し、8/15玉音放送で終戦(敗戦)を迎えます。

しかし、カムチャッカ半島のロシア軍は、それ以降に攻めてきます。

 

 

 

 

内容

 

実際の戦闘の場面は終盤のごくわずかです。

戦闘場面の記述は、それほど大きな意味はなかったかもしれません。

 

本書は

終戦間際に占守島に送られた3人の人物に焦点を当てています。

 

3人とは

45歳の翻訳会社勤務の片岡(通訳を期待)。

4度目の召集となる歴戦の兵・鬼熊(車の運転)。

若き医学生・菊池(医者として)です。

 

当事者の3人だけでなく、

彼らの身内などにも話しはふくらんでいきます。

そのため、場面は頻繁に変わっていきます。

 

全編を通じ、

戦争の理不尽さがよくあらわされている思います。

当時は戦争遂行のため、日本中が理不尽だったのだと思います。

 

決して、楽しい読み物ではありません。

終わりも決してハッピーではありません。

むしろ読んでいて、

先を読みたくないような気分にさせられる本でもあります。

でも、読まなくてはという感じでした。

 

 

 

 

ぽっぽや

 

「鉄道員(ぽっぽや)」(浅田次郎)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。