小笠原マルベリー

「鉄道員(ぽっぽや)」(浅田次郎)


 

「鉄道員(ぽっぽや)」(浅田次郎)

 

 

概要

 

1997年発行、「鉄道員(ぽっぽや)」(浅田次郎)。

鉄道員(ぽっぽや)/浅田 次郎 | 集英社の本 公式 (shueisha.co.jp)

 

これはタイトル作含め8篇の短編集です。

第117回直木賞受賞作です。

タイトル作の初出は1995年11月号「小説すばる」です。

 

鉄道員(ぽっぽや)は1999年に映画化もされました。

主人公役は高倉健さんでした。

実直な人柄がぴったりはまり役でしたね。

高校生の娘役は広末涼子さんでした。

鉄道員(ぽっぽや) | 東映ビデオオフィシャルサイト (toei-video.co.jp)

 

本書は以前に読み、映画も見ました。

再読ですが、タイトル作は何度読んでも泣ける短篇です。

 

 

 

 

本文

 

舞台は北海道、近々廃線になるローカル線の終着駅。

そこの駅長が主人公。

仕事に実直な人で、娘・妻が亡くなった日も駅長としての職務に忠実だった人。

 

そこに女の子が訪ねてきます。

幼少、6年生、高校生と、3人の女の子が純にやってきます。

そこで、主人公は娘だと気づきます。

 

そして、主人公は・・・・

本望な人生の結末だったのでしょうね。

 

 

 

その他収録作

 

収録作のタイトルは

・鉄道員(ぽっぽや)(『小説すばる』1995年11月号)

・ラブ・レター(『オール讀物』1996年3月号)

・悪魔(『オール讀物』1995年11月号)

・角筈にて(『小説すばる』1996年9月号)

・伽羅(『小説すばる』1996年11月号)

・うらぼんえ(『小説すばる』1996年5月号)

・ろくでなしのサンタ(『小説新潮』1997年1月号)

・オリヲン座からの招待状(『小説すばる』1997年1月号)

 

この中のいくつかは著者の体験に基づくものもあるそうです。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。