小笠原マルベリー

スタッフだけの南島外来植物除去ボランティア(’21/5/14)


 

スタッフだけの南島外来植物除去ボランティア(’21/5/14)

 

概要

 

’21/5/14、

村役場主催の「南島外来植物除去ボランティア」でした。

 

とはいうものの、

この日はスタッフ(10数人)だけで作業に行きました。

緊急事態宣言中で、ボランティア参加の募集ができなくなったためです。

僕と妻は、地元NPOからの指導員としてスタッフ参加予定でしたので、

この日も参加しました。

 

除去を予定していた場所は陰陽池奥のイヌホオズキ群落でした。

作業時間は1時間ちょっと程度でしたが

10数人で、40袋近く(240kg程度・あとの作業分も含む)が取れました。

 

運搬も1人あたり3袋程度となり、

全員で、船が着くサメ池まで2往復しました。

 

このあとは

行政機関の取り組み説明、気になる箇所のチェックや作業、

問題点の現地共有・確認などを行いました。

 

セイヨウミツバチの巣の確認もこのときに行いました。

 

セイヨウミツバチの巣(南島)

 

村役場は、今後、またこの事業はやる予定です。

緊急事態宣言が取れれば、ボランティアの募集もあるかと思います。

村民便りに案内が出るのを待っていて下さい。

 

 

 

 

 

 

作業の様子など

 

作業中 イヌホオズキの除去

 

同  

 

作業終盤、かなり袋にたまりました。

 

行政機関の取り組み説明中

 

セイヨウミツバチ巣確認地点からの陰陽池

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。