小笠原マルベリー

電動アシスト自転車で、夜明・湾岸道路、ウェザーステーションなど


 

電動アシスト自転車で、夜明・湾岸道路、ウェザーステーションなど

 

概要

 

父島では車、バイク、自転車の各種レンタルがあります。

 

島は坂道が多いので、免許さえあれば、車・バイクをおすすめします。

免許がなかったり、自転車好きな方は自転車を選ぶ人もいるでしょう。

 

夜明道路は標高270mほどまで上るので、

普通の自転車だと、かなり押して歩くことになります。

夜明道路やウェザーステーションに行く方には

電動アシスト自転車をおすすめします。

 

小笠原観光では、

3時間1700円、6時間2000円で借りられます。(’21/6月時点)

レンタル品各種|小笠原観光有限会社 (ogasawarakanko.com)

 

僕も実体験しておこうと思い、数回借りて試したことがあります。

その様子をお伝えします。

 

 

 

夜明・湾岸通り実体験

 

往路はまちから夜明道路経由小港、帰路は小港から湾岸通りでまちまで。

距離20㎞ほど、高低差270m。

 

ギアは一番重い3、電動モードは標準で。

 

小笠原観光から長崎経由、中央山までは

休憩なしで35分ほど、充電は50%まで落ちていました。

ここまでのぼりが主体で、ややきついところもありますが、

ギア・モード変えずに走ってこれました。

 

中央山から小港まではほぼ下りで15分ほどで到着。

 

小港から扇浦軽油、小笠原観光までは30分ほどで到着。

こちらののぼりはそれほどきつくないです。

戻った時の充電は30%を示していました。

 

父島の場合、

フル充電で島一周(20キロくらい)といったところですね。

 

アシストつきとはいっても、坂道のぼりはそれなりにしんどいです。

なので、免許がなくて、元気な方にお勧めしまう。

 

 

 

 

バッテリー切れの事例

 

往復とも、まちから夜明道路経由小港の場合、

総距離約25㎞、往復とも高低差270mです。

 

帰路は最後の上りでバッテリー切れ。

バッテリーが切れるとさすがに重すぎます。押して歩きました。

あとはほとんど下りなので、なんとかたどり着いて返却。

 

坂道が多いと、バッテリー消費も早いので、

要注意の事例でした。

 

 

 

 

 

 

ウェザーステーション実体験

 

島一周した後、

残りのバッテリー(30%)でウェザーステーションにも行きました。

 

ウェザーまでは歩いても30分ほど。

この自転車でも坂道ばかりなので15分ほどかかりました。

 

勾配がきつめですが、

3ギア、標準モードで上まで上がれました。

もちろん下りは楽ちんでした。

 

ここは距離が短めなので、

この自転車使うメリットはさほどないかなと思いました。

もちろん下りが早いので、時間がない方にはいいですが、

このためにレンタル代1700円使うのももったいない気がします。

 

 

 

 

普通の自転車の場合

 

夜明道路一周、14㎞、高低差250Ⅿほど。

’16/3月、旭と僕と2人で出かけました。

旭はスポーツタイプ、僕は娘の変速ギアの壊れたママチャリ。

 

コースはいつも通り時計まわりで。

まちから標高200Ⅿの旭平までの上りは半分以上押しました。

そこから中央山までは乗ったり、押したり。

 

中央山から扇浦までは一気にダウンヒル。

あっという間につきました。

 

扇浦からまちのほうまでは、

緩やかな上りがある程度で、全部乗って走りました。

休憩も含めて2時間ほどでした。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。