小笠原マルベリー

ボートから見た海上からの千尋岩(ハートロック)


 

ボートから見た海上からの千尋岩(ハートロック)

 

概要

 

先日、ボートで海に出る機会があって、

千尋岩の下にも行きました。

 

千尋岩は陸域ツアーでは定番コース。

いつも岩の上から下界をながめています。

 

ボートで海に出るのは少ないので、

海上から千尋岩を見ることは少なめです。

 

最近だと、

南島植生回復作業に行くときに見るぐらいです。

でも遠望です。

 

この日はかなり近くまで寄りました。

カメラの画面いっぱいになるぐらいでした。

 

千尋岩は標高250mほどの断崖。

ハートの形の部分が赤土で色づいています。

 

岩が赤く染まった現象は、比較的新しいようで、

ハートロックという通称も戦後のもののようです。

 

最近はハートロックの方がよく通りますが、

あくまでも地名は千尋岩です。

 

父島の南岸は断崖が続くダイナミックな地形です。

尋は長さの単位で、

両手を広げた長さ程度で、6尺(1.8mほど)に相当します。

尋 – Wikipedia

 

千尋(100尋)は正確にその数値を表すわけではなく、

大げさに表したものと考えればいいですね。

日本各地に千尋とつくところがあります。

読みは、せんぴろ、ちひろ、せんじんなど様々です。

千尋の滝 – Wikipedia

名勝 仙巌園 | 薩摩藩 島津家別邸 | 鹿児島 | 庭園 (senganen.jp)

 

 

 

 

形と地質

 

次に形について考察します。

 

ハートの上側は

右がふくらんでいますが、左はなめらかで平らな感じです。

右のふくらみゆえに、ハート形に見えやすくなっています。

 

ハート外側は断層できれいに切れているように見えます。

でもよく見ると、右はしっかりと切れています。

しかし左は上の方は切れ目がありません。

 

そのため色の境も、

右ははっきりしていますが、左は不明確に。

 

ハートの外側の断崖は、中間あたりで横に線があります。

ここは上下で地質が異なります。

下が無人岩で、上とハートの中はデイサイトです。

ハートの部分は上の相と同じ地質ということは

下に沈み込んだのですね。

 

父島で見られる地質紹介(写真)

 

ちなみに、千尋岩ツアーでの終点は、ハートの右上です。

上からはこの崖の様子はほとんど見えません。

 

 

 

 

海からの展望

 

 

 

6年南島遠足での移動中でした。

 

「小笠原小6年南島遠足」(’21/7/8・講師で同行)

 

 

遠望

 

だいぶ近づきました。

 

もう画面いっぱいです。

 

 

 

千尋岩コース

 

千尋岩(ハートロック)コース

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。