小笠原マルベリー

ひめゆりの塔、ひめゆり平和祈念資料館(’19年訪問・再編集版)


 

概要

 

2019年1月、

ひめゆりの塔、ひめゆり平和祈念資料館を訪問しました。

 

【公式】ひめゆり平和祈念資料館 / [OFFICIAL] HIMEYURI PEACE MUSEUM

ひめゆりの塔 – Wikipedia

総務省|一般戦災死没者の追悼|ひめゆりの塔 (soumu.go.jp)

 

何度も沖縄には行ってるのですが、

このとき、初めて訪問しました。

長女と長男も一緒でした。

 

 

ひめゆりの塔には、教師・学徒 戦没者として、

沖縄師範学校女子部115名、沖縄県立第一高等女学校112名、

計227名のの氏名が刻まれています。

 

総勢297名だったということなので、

かなりの方が亡くなったのです。

 

資料館内部は、

残念ですが、撮影できませんでした。

 

うちの長女は看護師を目指しているので、

いろいろ考えることもあったのではないでしょうか?

 

今後、

日本が戦禍に巻き込まれることはないと思います。

でも、大きな天災はいつ起きるかもしれません。

そういう時、看護師として、

世の役に立ってほしいなと思います。

 

 

 

 

現地の様子

 

案内板

 

沖縄戦とひめゆり学徒隊説明

 

ひめゆりの塔

 

同近景  そのすぐ下に陸軍病院第三外科壕

 

下の壕は陸軍病院第三外科壕

 

ひめゆり平和祈念資料館

 

 

 

 

戦跡参考

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。