小笠原マルベリー

大分県佐伯市豊予要塞丹賀砲台(2017年訪問・再編集版)


 

概要

 

2017年5月、丹賀砲台を尋ねました。

ここは丹賀砲台園地として整備され、入園料200円かかります。

丹賀砲台園地 | 観光スポット | 佐伯市観光ナビ (visit-saiki.jp)

PDF_tanga-houdai-enchi_a4_p24.pdf (visit-saiki.jp)

 

砲台は山の上にあります。

海沿いに斜坑入口があり、

斜坑にはリフト・階段がついていて、砲台まで上れます。

ほかに外の山道もあります。

僕は上りはリフト、下りは外の山道を使いました。

 

ここは豊予要塞の砲台として、

海軍巡洋艦「伊吹」の三十糎加農砲(カノン砲)2門が据えられました。

しかし、1942年(昭和17年)、

破裂事故が起き、砲台は破壊されました。

 

丹賀砲台は陸軍豊予要塞のエリアで、

豊予海峡の防備のために配備されていました。

 

 

 

 

 

 

現地の様子

 

砲台説明板

 

斜坑入口

 

リフトと階段

 

砲台内部説明

 

砲台内部

 

砲台内部  主動力室 上部冷却水槽

 

砲塔井回廊 砲側弾火薬庫

 

砲塔井説明

 

砲塔井 地上部

螺旋階段は上り下り用についています

 

 

砲塔井 最上部から

 

砲塔井上部のドーム (丹賀ドーム)

 

丹賀砲台の役割

 

展望  左・大島  右・鶴見崎方向

 

海沿いの地上部にある地下弾薬庫

 

忠魂之碑

 

 

 

 

 

豊予要塞 

 

佐田岬地区(愛媛)、鶴見半島地区(大分)、

関崎・高島地区(大分)の3つの地区がありました。

豊予要塞 – Wikipedia

史学論叢_46号通し_横.indb (beppu-u.ac.jp)

 

愛媛県佐田岬穹窖砲台<第3・第4砲台>(2020年11月訪問)

 

大分県佐伯市陸軍鶴御崎砲台・海軍聴測隊(2017年訪問・再編集版)

 

大分県佐伯市海軍仙崎海面砲台(’17年訪問・再編集版)

 

豊予要塞大分県大分市関崎砲台(’18年訪問・再編集版)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考

 

国内各地の戦跡

 

小笠原・父島の戦跡

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。