小笠原マルベリー

大分県佐伯市陸軍鶴御崎砲台・海軍聴測隊(2017年訪問・再編集版)


 

概要

 

2017年5月、

大分県佐伯市鶴御崎を訪れました。

 

九州最東端 鶴御崎自然公園 -展望ブリッジ- | 観光スポット | 

九州最東端 鶴御崎自然公園 -鶴御埼灯台- | 観光スポット | 

PDF_tanga-houdai-enchi_a4_p24.pdf (visit-saiki.jp)

 

戦時中、

鶴御崎は「鶴見崎」と書いていました。

 

このエリアには

陸軍豊予要塞鶴見崎砲台と海軍聴測隊が配備されていました。

豊予要塞 – Wikipedia

防備衛所 – Wikipedia

 

現在地でいうと、

パノラマ展望台が鶴見崎砲台、鶴見崎灯台は海軍聴測隊です。

 

鶴御崎灯台には

海軍聴測隊の建物が残っています。

 

パノラマ展望ブリッジの方には

陸軍豊予要塞鶴見崎第二砲台跡が残っています。

砲が4門据えられていたようです。

この場所は元第一砲台で、洞窟に移設後、

新たに第二砲台としたようです。

 

戦争末期に

鶴見崎第一砲台を洞窟に移設しましたが、

その場所はこの時は未確認です。

 

 

 

 

現地の様子

 

 

鶴見崎砲台(パノラマ展望台付近)

 

展望台

 

展望台から灯台方向を望む

 

展望台下の観測所

 

観測所内部

 

砲台跡

 

砲台跡

 

兵舎跡

 

建物基礎

 

 

 

 

海軍聴測隊(灯台付近)

 

灯台

 

 

建物

 

建物

 

灯台からの展望  

北東を望む 左奥の島は大島

 

 

 

 

豊予要塞

 

豊予要塞は

佐田岬、鶴見半島、関崎・高島などに配備がありました。

 

愛媛県佐田岬穹窖砲台<第3・第4砲台>(2020年11月訪問)

 

大分県佐伯市海軍仙崎海面砲台(’17年訪問・再編集版)

 

豊予要塞大分県大分市関崎砲台(’18年訪問・再編集版)

 

大分県佐伯市豊予要塞丹賀砲台(2017年訪問・再編集版)

 

 

 

 

 

参考

 

 

 

 

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。