小笠原マルベリー

景観&森歩き(’22/1/13.14・阪急交通社さん)


 

概要

 

’22/1/13.14、

仙台からの阪急交通社さんツアーでした。

参加者は宮城や福島の方でした。

 

1/13午後は景観ツアー、

展望地などをめぐりました。

 

1/14は森歩きで、少し戦跡も紹介しました。

桑ノ木山、中央山、東平、小港、

珈琲山大砲などを。

 

ハードなコースではないとはいえ、

皆さん、元気よく歩いていただけました。

 

東北から比べたら、暖かいですが、

冬型の気圧配置でしたので、小笠原では寒い気候でした。

 

ちょうどうちのツアーの日(1/13.14)は

大シケだったので、陸域のツアーでよかったですね。

 

翌日1/15は海のツアーだったようですが、

まだ海が荒れていました。

どうだったでしょうか?

 

 

 

 

 

1/13景観

 

二見を見下ろす展望地

 

長崎

 

小笠原神社

 

 

 

1/14森歩き

 

中央山

 

桑ノ木山  ガジュマル

 

珈琲山 海軍十二糎高角砲

 

小港

 

 

 

 

ツアーやコースついて

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

父島主要観光ポイント

 

旅行者さんのツアーの場合、

参加者の年齢層が高めです。

景観ツアーで、歩行状態を確認した上で、

皆が歩けるルートを選定します。

基本的には軽めの場所です。

 

森歩き

 

フィールド紹介

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。