小笠原マルベリー

ドリップバッグで味わう小笠原コーヒー


 

 

概要

 

希少価値が高く、なかなか手に入らない小笠原コーヒー。

また価格もかなり高めです。

 

豆なら50gで1000円+税。

店で飲むと1杯800-1000円程度です。

 

佐藤商店ではドリップバッグが販売されています。

店で買うと、

ドリップバッグでも1包800円ぐらいします。

 

勇気を出して1包購入。

Store | nosefarm

 

製造元は野瀬農園「Nose’s FarmGarden」。

Home | nosefarm

 

 

 

味わいは?

 

さっそく、

自宅で味わってみました。

 

珈琲の味わいには

こく・苦み・酸味がよく表示されています。

 

僕はコーヒー好きで、

一日にレギュラーや缶ブラックコーヒーを復数杯飲みます。

でも、味わいをきちんと表現できるすべは持っていません。

 

個人的には

キリマンジャロのような酸味の強いタイプが好きです。

 

小笠原コーヒーは

あまり強い癖もなく、まろやかな味わいと感じました。

 

コーヒー通の方、生産者の方、いかがでしょう?

それで合っていますか?

 

希少価値です。

価格が高いのはしょうがないですね。

 

これで、

ツアー参加者に紹介しやすくなりました。

 

 

 

 

 

パッケージなど

 

パッケージ

 

小笠原コーヒーの説明書きもあります

 

ドリップバッグの入る外袋

 

 

 

 

飲むには?

 

島内では

小笠原コーヒーの秘密 – 小笠原村観光局 (visitogasawara.com)

Cafe – USK Coffee

小笠原・野瀬農園の希少な国産コーヒーとは?都内で飲めるカフェも紹介 |

 

内地で飲める店

小笠原コーヒー | cup of joe

 

 

豆やドリップバッグは?

Store | nosefarm

父島では、佐藤商店で買える時もあります。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。