小笠原マルベリー

「時空を超えて 南へ1000km 夜明けを迎える島 夜明山」


 

概要

 

夜明山の駐車スペースにある碑に書かれた文が

「時空を超えて 南へ1000km 夜明けを迎える島 夜明山」です。

 

観光客で、

たまに「南へ1000km」を理解できない人がいます。

 

「南へ1000km」ってどこのこと?、

意外とよく聞かれることです。

 

そういう方は

ここから1000km先と読んでしまうのでしょうか?

全文を読んでないから

意味が不明なのかもしれませんね。

 

普通に碑文をきちんと読めば、

「東京(本州)から南へ1000km」と読めるはずです。

 

はじめの

「時空を超えて」というのはかなり大げさな表現ですね。

 

「時空を超えて、(本州から)南へ1000km、

 夜明を迎える島にやってきました。

 ここは夜明山です。」

という意味となるかと思います。

 

小笠原が東京から1000kmほどというのを

理解していない人には、どうしようもありません。

きちんと説明してあげて下さいね。

 

 

 

 

現地の様子

 

遠望 休憩スペースと碑

 

 

碑文

 

「時空を超えて 

 南へ1000km 

 夜明けを迎える島 夜明山  」

 

 

 

 

見るには?

 

碑は夜明山の駐車場です。

 

ツアーでは、

初寝浦展望台に行くときや、戦跡で夜明山を歩くときに

車を停めます。

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

戦跡ツアー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。