小笠原マルベリー

大分県津久見市保戸島戦跡(2018年訪問・再編集)


 

概要

 

2018年5月、

大分県津久見市の保戸島を訪問。

津久見港から保戸島までは定期船で25分ほどです。

保戸島 (tsukumiryoku.com)

保戸島.com | まぐろ漁| 保戸島 | ひゅうが丼| かずまき | 大分県津久見市保戸島 

 

大分県津久見市保戸島(2018年訪問・再編集)

 

ここは小さな島で、

戦跡はそれほどあるわけではありません。

 

遠見山山頂には

海軍防備衛所跡の建物基礎が残っていました。

佐伯海軍防備隊探訪①~概略 | 戦争遺跡に行ってみた。

 

戦後は

ここに小・中学校があった時期もあるそうです。

 

山頂までは、それほど険しい道ではなく、

30分ほどで行けますが、利用者が少ないのか荒れた感じです。

山頂の見晴らしも周辺の草木であまりよくないです。

草刈りや枝払いする時期もあるようなので、

そのタイミングで行けば歩きやすく、展望もいいかと思います。

 

現小中学校には、

戦没学徒慰霊碑があります。

 

1945-7-25の空襲で、

127名が亡くなったそうです。

けが人も75名出ています。

これは、島に海軍施設があったためか、

米軍の誤爆であったようです。

学び舎に散った子どもたち~大分・保戸島空襲~ – 空襲の記録

保戸島空襲 – Wikipedia

 

 

 

 

現地の様子

 

 

遠見山山頂 海軍防備衛所跡

 

遠見山から眼下、高甲岩

 

保戸島小中学校脇の「戦没学徒慰霊碑」

 

 

 

 

 

参考

 

国内各地の戦跡

 

小笠原・父島の戦跡

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。