小笠原マルベリー

「軍艦防波堤へ」(澤章)


 

概要

 

2011年発行、

「軍艦防波堤へ」(澤章)。

軍艦防波堤へ / 澤 章【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア|

栄光出版◆書籍案内 (eiko-books.co.jp)

 

サブタイトルは

「駆逐艦涼月と僕の昭和二〇年四月」。

 

作者は

この物語に出てくる「凉月」艦長・平山敏夫氏の孫です。

涼月 (駆逐艦) – Wikipedia

 

軍艦防波堤とは

北九州市若松区にある3隻の駆逐艦を沈めた防波堤。

防波堤となったのは、3隻の駆逐艦。

「柳」「冬月」「涼月」です。

 

軍艦防波堤 – Wikipedia

 

北九州市若松区軍艦防波堤(’18年訪問・再編集板)

 

 

 

 

内容

 

主人公「僕」の曾おじいさんは、

「涼月」艦長の平山敏夫氏でした。

 

その僕が

父親と軍艦防波堤に訪れたときのこと。

 

僕はタイムスリップして、駆逐艦「涼月」へ。

 

場面は

大和とともに、沖縄出撃のころからです。

その後、戦闘で、沈没寸前にまでなりながら、

後進で佐世保に帰還するまで。

 

戦闘場面は、

まさに修羅場、地獄といってもいいかもしれません。

やはり生々しすぎますね。

 

そこで場面はまた軍艦防波堤へ戻ります。

 

 

 

 

 

参考

 

「若松軍艦防波堤物語」(松尾敏史)

 

「戦争の語り部 北九州の戦争遺跡」(北九州平和資料館をつくる会)

 

国内各地の戦跡

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。