小笠原マルベリー

千尋岩(ハートロック)ルートの下見(台風1号通過後、’22/4/17午前)


 

 

概要

 

台風1号は

’22/4/15中に通過しました。

 

’22/4/17早朝、霧雨でしたが、

千尋岩ルートの下見に行ってきました。

明日4/18にはツアーがあるからです。

 

歩いたのは衝立山の縁まで。

目的地まで残り15分の地点。

そこまで見ておけば、

あと何とでもなるのでという判断です。

 

すでに、前日4/16に、

点検にまわってくれた方がいたので、

ルートはかなり歩きやすい状態でした。

 

ただし、あちこちにぬかるみはあります。

ぬかるみは人が多く歩く、

明日のツアー以降の方がひどくなるかと思います。

 

以前から枯損木の処理が進んでいることもあり、

大きな倒木はなかった模様です。

 

不安箇所は2か所。

これも、

事前に点検してくれた方の情報通りでした。

 

1か所は常世ノ滝直前。

支流の沢からの土砂崩れ。

 

かなり土砂が堆積しています。

ぬかるみ状態ですが、

石や枯れ木などで歩くルートは確保しました。

 

もう1か所は

沢筋の中盤すぎの崖地。

 

崖が崩れ、大きな岩がルートに落ちています。

ただし、

歩くルートは割れた岩の隙間に確保されていました。

 

しばらくは

このあたりを通る時は要注意です。

 

千尋岩ルートは歩けますが、

落石の不安はまだまだあります。

ツアーで歩く業者さんは、

細心の注意を払って歩いて下さい。

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

ルート上は落枝・落葉が目立ちます

 

 

同上

 

根が浮いて倒れ掛かるヒメツバキ

枯れ木ではありません

 

不安箇所1  土砂崩れ

土が固まるまでぬかるんでいます

石と枝で、歩くルートは確保

 

同上  別アングル

 

不安箇所2 崖地の落石

割れた岩の間を通過できます

しばらくあこの辺りは落石に注意

 

同上  崩れた崖面

 

ガジュマル林は水浸し

 

以前から根が浮くリュウキュウマツは持ちこたえています

 

 

 

 

ツアーは?

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。