目次

概要

 

’22/4/25、

一日で2回もアカガシラカラスバトに出会いました。

 

小笠原(父島)で比較的見つけやすい天然記念物

 

それぞれ別な場所でしたが、

共通点はガジュマルの場所でした。

 

いずれも結実して、

熟れた果実がたくさんついていました。

地上にもかなり落ちていました。

 

それを、

アカガシラカラスバトはついばみに来ていたのです。

 

同じ日、妻の情報では、

さらに別なガジュマル果実にも来ていたようです。

 

ガジュマル果実のあるところは、

夜にはオオコウモリも来ていたりします。

 

ガジュマル果実は

熟れるとどんどん落ちてしまいます。

 

果実がなくなったら、

アカガシラカラスバトもオオコウモリも来なくなります。

 

ガジュマル果実があるうちが旬です。

 

 

 

 

 

当日の様子

 

 

午前はガジュマルの樹下で1羽いました

 

 

<動画>

 

 

午後もガジュマルの樹下

道路上に2羽出ていました

 

 

<動画>

 

 

 

 

 

見るには?

 

アカガシラカラスバトを見つけるのは

それほど簡単ではありません。

 

今回のように、

ガジュマル果実がある時は狙い目です。

 

じっくり探してみてください。

 

マルベリーの各種ツアーでも

見られる可能性があります。

探して見つかるというものでもないので、

うまく出会ったら、観察します。

 

全ツアーメニュー

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。