小笠原マルベリー

枝サンゴの露出(製氷海岸・’22/5/17昼頃)


 

 

概要

 

’22/5/17昼頃、

製氷海岸の枝サンゴが広く露出していました。

 

二見港内の製氷海岸付近は

枝サンゴの群落となっています。

 

このエリア域は海域公園にも指定されています。

海の中の保護区域です。

小笠原国立公園の概要|東京都小笠原支庁 (tokyo.lg.jp)

27rulebook.pdf (vill.ogasawara.tokyo.jp)

 

大潮の干潮時になると、

枝サンゴが露出することがあります。

 

特に春から初夏にかけての、

大潮干潮時が、広く露出します。

露出する時間は

干潮時前後の1-2時間ぐらいでしょうか?

 

昨年は4月に記事を書いていました。

 

枝サンゴの露出(製氷海岸・’21/4/28昼頃)

 

枝サンゴのエリアは

一部が岩場でそこを歩くことができます。

撮影するにもいい場所です。

 

干潮の時間を狙って出かけてみて下さい。

 

 

 

 

 

和名

 

枝サンゴは通称です。

 

和名はスギノキミドリイシです。

スギノキミドリイシは「杉の木緑石」です。

 

スギの葉のような形で

ミドリイシの仲間ということでしょう。

 

スギノキミドリイシ | 公益財団法人 黒潮生物研究所 (kuroshio.or.jp)

環境省_串本海域公園_スギノキミドリイシ (env.go.jp)

 

 

 

 

 

当日の様子

 

屏風谷方面からの遠望

 

同上

 

 

防波堤からの展望

 

群落 二見岸壁側

 

群落  海洋センター側

 

近景

 

中には青っぽいものが混ざります。

種は同じで、色の変異だということです。

 

 

 

 

 

動画

 

 

 

 

 

 

 

見るには?

 

ここは父島漁港の防波堤から続くエリアで、

陸路、簡単に歩いて行くことができます。

まちから歩いて30分ほどです。

 

日中、枝サンゴが露出しているタイミングがあれば、

立ち寄ることがあります。

千尋岩コースでは

帰路の送迎中に立ち寄りが可能です。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。