小笠原マルベリー

海辺付近や園地で見られるイヌシバ


 

 

概要

 

常緑多年草のイヌシバ(イネ科・外来種)。

 

’22/5月下旬、

イヌシバは花をつけていました。

 

父島の浜辺付近で、

イヌシバの広がるところが複数箇所あります。

 

それらの場所は

植栽地と野生化したところとあるかと思います。

 

資料によると、

1980 年供用開始の都立大神山公園に植栽されました。

また,

ほかの場所にもイヌシバが芝生として植栽されています。

都立大神山公園の造成時に沖縄から導入されたとのことです。

日本緑化工学会誌30巻4号p.639-p.648 (jst.go.jp)

 

イネ科なので、

花をいっても地味でわかりにくいです。

小穂をよく見ると、

おしべやめしべが出ています。

 

本種の小笠原の分布は父島だけのようです。

 

 

 

 

 

和名

 

イヌシバは「犬芝」です。.

 

植物では、

本家より劣るという意味で、

イヌとつけられることがほとんどです。

 

この場合の本家とは何でしょうか?

サイトでは

コウライシバとなっているものがありました。

イヌシバ (fc2.com)

 

園芸の世界では

「セントオーガスチングラス」というようですね。

セントオーガスチングラスは雑草に強く日陰でも育つ!育成の要点解説

 

 

 

 

 

実際の様子

 

イヌシバはほぼ純群落となり広がります

 

地上部は匍匐枝をのばし広がります

草丈は20-30cm程度

 

 

葉は細長いですが、1㎝弱ほどの幅があります

先は鈍形。

 

 

 

花期になると

穂状花序に扁平で細長い小穂をつけます

 

おしべは白い花糸と橙色の葯がついています

めしべは赤紫のブラシのようなものがついています

 

 

 

 

 

 

 

見るには

 

父島の集落近い海岸や集落の園地では、

よく見られるシバです。

 

特にツアーで紹介したりはありません。

興味のある方はお知らせください。

 

 

全ツアーメニュー

 

 

 

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。