小笠原マルベリー

自然景観(島内観光)&ナイト(’22/6/5)


 

 

 

概要

 

’22/6/5、

午後・景観ツアーとナイトツアーでした。

 

僕も島に戻ったばかりで、

10日ほど離れていた程度ですが、島が新鮮でした。

 

すでに、

ヒメツバキが、あちこち咲いていました。

 

参加者はみな個人の方でしたが、

ほとんどの方が旅行社経由での予約でした。

 

 

 

 

 

 

景観ツアー

 

午後は景観ツアーでした。

天気は薄曇りという感じで、

それほど暑く感じない程度でしつた。

 

主要な展望ポイントをめぐりました。

 

 

ヒメツバキが各所で咲いています

 

夜明・湾岸道路一周での自生植物(3)ヒメツバキ

 

まちを見下ろす展望地

 

長崎

 

初寝浦展望地

 

中央山 電波探信儀

 

父島に残る2つの海軍電波探信儀

 

中央山展望台

 

コペペ

 

 

 

 

 

ナイトツアー

 

夜はナイトツアー。

開始時点では少し霧雨が降っていました。

 

そして困ったことに、羽アリの大量発生。

車から降りるのも嫌なぐらいでした。

 

真っ暗なところなら、それほど羽アリも来ないので、

まずはグリーンペペのポイントへ。

1つだけですが、明るいのが出ていました。

 

オオコウモリは

リュウゼツランに複数個体来ていました。

 

雲の多いあいにくの天気で、

星空はだめでした。

 

ガスっていて、幻想的な天文台のライトアップ

 

まちの夜景

 

 

 

 

 

ツアーについて

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

 

ナイトツアー

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。