小笠原マルベリー

コペペから対岸へのロングスイム(’22/8/26午前)


 

概要

 

’22/8/26、3連休2日目。

午前、

コペペから対岸へ、往復約1kmのロンググスイムしました。

ゴーグルでの水泳です。

 

日課で泳いでいますが、

1km以上のロングスイムは今年初ですね。

 

ただし、ここの場合、

対岸で浜に着いて休憩できます。

泳ぎっぱなしではないです。

 

ロングスイム定番は、

コペペ、製氷海岸、要岩などです。

 

この日の海のコンディションは

少しうねりがありました。

そのため、やや透明度も落ちていました。

 

このエリアの水深はせいぜい5mです。

そのため常に水底は見えています。

 

大部分は砂地です。

砂地にはあまり魚がいません。

見るのは砂紋ばかり。

 

コペペの入り江と途中の浅根にはサンゴがあり、

そこは小魚も多いです。

浅根は中間に近い位置にあるので、

ロングスイム中のアクセントになります。

 

対岸には

名もなき、ごく小さな浜があります。

そこは

いつも上から水が岩場にしみ出しています。

 

元気があれば、

小港の方に大回りして泳ぐことも可能です。

そうすると、泳ぐ距離は50%増しになるでしょうけど。

 

 

 

 

 

泳いだ時の様子

 

目標は対岸の浜

 

出発地点

 

コペペの入り江を抜けると砂地です。

水深4-5m

これがずっと続きます。

 

途中の浅根

岩とサンゴ

 

同上

別位置

 

同上 別位置

小魚も多いので、スローで泳ぎます

 

 

その後、またひたすら砂地です

ちょとあきます。

 

 

対岸が近づきました

 

目指す浜

 

ごく小さな浜です。

浜が見えるのは、潮が引いているときだけ

 

浜からの風景 

小港側

 

 

同上

コペペ側

 

同上

湾口側(西側 )

 

 

 

 

参考

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その35「年中、海スイムできるところが複数ある」

 

コペペから対岸へ、往復スイム

 

ツアーでは泳ぎませんが、

コペペは景観ツアーでわりと定番です。

 

自然景観(島内観光)ツアー

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。