目次

小笠原に来なくてはいけない理由、その35「年中、海スイムできるところが複数ある」

 

概要

 

父島には、

年間通して、海スイムできるところが複数あります。

 

僕は水着のみでの海スイムを、年の半分ぐらいの日は泳いでいます。

冬場(水温20度前後)はさすがに水着ではきついので、

ウエットなどの着用が必要です。

(僕は水着で泳げる時期だけ泳ぎます。水温22-23度より上ぐらい。)

 

ここでいう、海スイムとは、

ゴーグル(水中メガネ)のみでの遊泳のことをいいます。

いわゆる普通の水泳です。

流れや波のあるところや、

水深が深くて、水底が見えないようなところでは、不向きです。

 

父島には、学校プールはありますが、一般解放はありません。

そうすると、水泳は海スイムしかなくなります。

 

父島は集落側に大きな入り江(二見湾と小港)があります。

また北側にも入り江(宮之浜)があります。

これらの入り江はそこから出なければ、

流れの影響がほとんどなく、水泳でも大丈夫です。

入り江の中なので、波の影響もめったにありません。

 

海岸名でいうと、

宮之浜、大村海岸、製氷海岸、境浦、扇浦、コペペ、小港などです。

宮之浜以外は直線的に400-50mほど泳ぐこともできます。

(宮之浜は150mほど)

水深は4-5m程度なので、

水底の魚、サンゴ、地形など見ながら泳げて、楽しいです。

 

海スイムできるところが複数あるので、

台風でも来ない限りはたいがいどこかで泳げます。

海況が悪くても、

一番最後まで泳げるのは、宮之浜、大村海岸、製氷海岸などです。

 

 

 

 

 

海岸の紹介

 

父島主要観光ポイント

 

ビーチ情報

 

新春企画!モデルと歩く父島展望編

 

 

 

 

海岸の様子

 

扇浦

 

 

製氷海岸

大村海岸(前浜)

 

境浦

 

コペペ

 

 

小港

 

宮之浜

 

 

 

 

 

参考「小笠原に来なくてはいけない理由」

 

小笠原ならではのこと、ナンバー1、オンリー1のことを集めてみました。

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。