目次

概要

 

「激闘駆逐艦隊」(倉橋友二郎)、

本書ははじめ1956年発行(別タイトル)。

その後、1987年本タイトルにて発行。

河出書房新社からは2016年発行。

 

激闘駆逐艦隊 :倉橋 友二郎|河出書房新社 (kawade.co.jp)

 

 

サブタイトルは

「萩月・涼月の奮戦記」です。

 

著者は戦時中、海軍将校で、

駆逐艦萩風砲術長、凉月砲術長などを歴任。

涼月は、戦艦大和の海上特攻を共にし、

かろうじて佐世保に帰還できた駆逐艦です。

沖縄から佐世保まで後進で帰還したのです。

 

 

涼月は

北九州市の軍艦防波堤に埋まっています。

 

北九州市若松区軍艦防波堤(’18年訪問・再編集板)

 

内容としては

「海ゆかば・・・駆逐艦隊悲劇の記録」(倉橋友二郎)と

かなり似ています。

 

ただしこの本はかなり入手しにくいので、

本書をお勧めします。

 

「海ゆかば・・・駆逐艦隊悲劇の記録」(倉橋友二郎)

 

戦闘になると、

人はいとも簡単に死んでいきます。

 

本書でも、

各所でその様子が出てきます。

まさに木っ端微塵というようなこともあります。

為政者は、

常のそのことを頭に入れていただきたいものと考えます。

 

 

 

 

 

目次

 

1 運命のミッドウェー作戦

2 連勝のインド洋作戦

3 悲劇のガダルカナル作戦

4 比島沖海戦

5 海上特攻―大和の出撃

6 死の後進行

 

 

 

 

 

参考

 

 

涼月 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。