小笠原マルベリー

「海ゆかば・・・駆逐艦隊悲劇の記録」(倉橋友二郎)


 

概要

 

1967年発行、

「海ゆかば・・・駆逐艦隊悲劇の記録」(倉橋友二郎)

海ゆかば… : 駆逐艦隊悲劇の記録 – Webcat Plus (nii.ac.jp)

海ゆかば… : 駆逐艦隊悲劇の記録(倉橋友二郎 著) / 青聲社 / 「日本の古本屋」

 

著者は戦時中、海軍将校で、

駆逐艦萩風砲術長。凉月砲術長などを歴任。

涼月は、戦艦大和の海上特攻を共にし、

かろうじて佐世保に帰還できた駆逐艦です。

 

「軍艦防波堤へ」(澤章)

 

まさに萩風、涼月での体験記です。

 

もう壮絶しか言いようがない部分もあります。

敵との戦闘中、

死体がごろごろする中で、奮闘しています。

文章は淡々と描かれていますが、

生き地獄の修羅場だったはず。

 

これは文章だから読めるのでしょうね。

 

涼月は戦後、

北九州市の防波堤の一部となっています。

のち、埋め立てにより、完全に埋没しました。

 

北九州市若松区軍艦防波堤(’18年訪問・再編集板)

 

 

 

 

目次

 

序 獅子文六

まえがき

第1章 勇躍、セイロン遠征-インド洋作戦-

第2章 千仭の功むなし-ミッドウェー作戦-

第3章 第四駆逐隊の最期-ガダルカナル島作戦-

第4章 戦艦大和の出撃-捷一号作戦-

第5章 日本海軍の潰滅-菊水一号作戦-

第6章 死の後進行-佐世保への回帰-

付録

あとがき

 

 

 

 

参考

 

「戦争の語り部 北九州の戦争遺跡」(北九州平和資料館をつくる会)

 

涼月 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。