小笠原マルベリー

何かに似ている?チョウマメの花


 

概要

 

’22/10月下旬、

チョウマメ(マメ科・外来種)の花を見ました。

チョウマメ – Wikipedia

バタフライピー(チョウマメ、クリトリア)の育て方・栽培 

チョウマメ | 薬草データベース (kumamoto-u.ac.jp)

 

植栽のものが

亜熱低農業センターのフェンスに這わせてありました。

 

花や若いさやは食用利用できるようです。

 

 

 

 

 

何かに似ている?

 

というのはちょっと大人の話題です。

 

以前の記事に、

和名や学名について書いてあります。

 

チョウマメ(蝶豆)の花

 

英語「Butterfly pea」」、

花を蝶に見立てたようです。

和名は直訳でしょうか?

これはよくわかる気がします。

 

 

学名はクリトリア・テルナテアト

学名は

女性器のクリトリスに見立てています。

 

ですから、大人の話題と書いたのです。

女性はともかく、

経験のない男性は実物を見たことないでしょうから。

(とはいえ今はネット検索ですぐ見れちゃう時代)

これも確かにそう見えます。

 

英名も、学名も、

何かに見立てているのですね。

 

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

蝶やクリトリスにたとえられます

 

花は5弁、おしべ10(9は癒着と1)、めしべ1。

大きく目立つのは旗弁1

 

二重構造で、外に翼弁2,内に竜骨弁2

見えているのは外の翼弁

 

花を中央部で割ると、

翼弁2,竜骨弁2、おしべ10とめしべ1

 

フェンスに這わせている様子

 

青い花も多数ついています

 

若いさやは食用になるよう

 

葉は羽状複葉 小葉は丸っこい

 

 

 

 

 

 

見るには?

 

この場所は

亜熱帯農業センター展示園のフェンスです。

自由に見学できます。

 

ツアーで行く機会で、花が咲いていれば、

紹介することもあります。

 

全ツアーメニュー

 

 

 

 

 

参考

 

小笠原で見られる維管束植物(種子植物・シダ)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。