小笠原マルベリー

萩市で訪れた世界文化遺産(’22/10月訪問)


 

概要

 

’22/10月

萩市にある世界文化遺産構成資産を訪問しました。

 

萩にあるのは、

「明治日本の産業革命遺産」という世界文化遺産です。

明治日本の産業革命遺産 エリア紹介 – 

 

 

萩市の構成資産は5か所あります。

萩市の構成資産 – 「明治日本の産業革命遺産」

 

今回の訪問で5か所とも訪ねました。

ただし「城下町」エリアは広いので、

城跡と城下町の一部を訪ねた程度です。

 

ぱっと見の感想としては

城下町以外は見た目のインパクトはありません。

時代背景を考えながら、見る遺跡なのでしょう。

 

実際、訪れたときも、

城下町はそこそこ人が歩ていました。

たしかに城下町の中を歩くと、

タイムスリップしたような感がありました。

 

萩の反射炉は

韮山反射炉を見ていると、かなり物足りないです。

ここのは部分的に残っている程度です。

 

恵比寿ヶ鼻造船所跡は

防波堤が残っているだけです。

建屋部分の痕跡は

これからなんらかの整備が進むようです。

 

松下村塾は

江戸時代末期の小さな建物なので、

建物としては、見るべきところもありません。

吉田松陰などを思いやるしかないです。

 

大板山たたら製鉄遺跡は

萩市といっても、かなり山の中です。

痕跡が残る程度です。

市街地から1時間近くかかります。

ダムがあるようなところで、

最後の方は道も細いので、通行も要注意です。

 

これから整備が進むと、

もっと違ってくるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

すでに訪ねた「明治日本の産業革命遺産」

 

この遺産の構成資産は

全国に散らばって存在しています。

この構成資産のうち、

鹿児島の旧集成館と韮山の反射炉をすでに訪れています。

 

鹿児島県仙巌園百五十斤鉄製砲(2011年訪問・再編集版)

 

世界文化遺産・韮山反射炉: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

 

 

 

 

萩の構成資産5か所

 

 

城下町

 

 

 

山口県萩市萩城・・世界文化遺産構成資産(’22/10月訪問)

 

 

 

萩反射炉

 

説明板

 

反射炉説明

 

遠望

 

近景

 

反射炉下部

 

 

 

 

恵比寿ヶ鼻造船所跡

 

 

説明板

 

エリアマップ

 

入口付近

 

.

防波堤

 

建屋があってエリア

 

これから整備が入るよう

 

 

 

 

松下村塾

 

説明

 

建屋

松陰神社内にあります

【公式】松陰神社|山口県萩市鎮座 明治維新胎動之地

 

内部

 

 

大板山たたら製鉄遺跡

 

 

説明板

 

入口付近

 

エリア遠望

 

天秤鞴(ふいご)

 

 

銑鉄洗場

 

 

 

 

参考

 

マルベリーレポート集

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。