マルベリー

躑躅山と朝立岩


 

 

躑躅山と朝立岩

 

5月から通行可能になっている2つのルート、躑躅山と朝立岩。

ルートはいずれも山頂・岩場までです。

 

躑躅山は5-10月、朝立岩は5-12月が利用できる期間です。

 

躑躅山と朝立岩を結ぶ尾根道は、かなり以前に閉鎖になっています。

そのため、それぞれの山に上るルートは、

巽道路から続く旧道(指定ルート)からの往復となります。

 

根拠としては、

森林生態系保護地域の設定に基づきます。

 

そのときに、

林野庁管理の山道は指定ルートとなりました。

閉鎖になったルートや季節限定ルートができたりしました。

そこを通行するには入林パスが必要です。(講習があります)

 

躑躅山は岩場をのぼると、巽湾の展望が広がります。

岩場の上り下りは10-15分ほどです。

 

朝立岩も岩場のぼりです。上り下りは10-15分ほど。

朝立岩からも巽湾展望が広がります。

岩をくりぬいた洞窟跡やムニンツツジ植栽地があります。

 

 

 

朝立岩のふもとには

陸軍の巽谷砲台跡・ガジュマル林もあります。

 

この洞窟は50M以上の長さで、東西にそれぞれ抜けています。

破壊された大砲の残骸もあります。

 

 

 

旧道はずっと樹林の中の道です。

途中で1ヵ所、中海岸が眼下に見えるポイントがあります。

 

 

このルートはあまり利用はしていませんが、

リクエストで森歩きないしは山歩きで行くことは可能です。

 

西海岸・躑躅山・朝立岩・赤旗山コース

 

世界遺産の森と景観を体感できる森歩き

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。