マルベリー

アマモシシラン胞子嚢群


 

アマモシシラン胞子嚢群

 

村の緊急雇用対策事業での作業場所で生えていた

アマモシシラン(イノモトソウ科・広域分布種)。

 

かつては固有種のオガサワラシシランとされていた時期もあります。

 

父島ではヤギの食害もあるのかかなり少なめです。

普段ガイドするルート沿いではほとんど見られません。

この場所は以前から知ってる所ですが、今回もあってよかったです。

 

生えているのはかなり湿り気の多い高木性の樹下で、

木性シダの不定根や湿っぽい岩場にに着生しています。

 

葉の長さ20-30cmほどで、幅は1cmほどです。

親指が写っているので、わかりやすいと思います。

 

 

胞子嚢群は、両側の葉の縁全体につきます。

 

 

 

アマモとは海草のアマモ(甘藻)のこと。

シシは

葉の出方が獅子(ライオン)のたてがみに似ているところからのようです。

ランはシダでよくあるランの仲間のようというところからですね。

獅子は和名は甘藻獅子蘭です。 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。