マルベリー

小笠原で見られる光るきのこ2種


小笠原で見られる光るきのこ2種

 

小笠原で見られる光るキノコは、現在、何種類あるかは正確には知りませんが、

比較的よく見られる2種を紹介します。

グリーンペペ(ヤコウタケ)

グリーンペペ(ヤコウタケ)  夜光っている状態

 


昼見た状態

 

スズメタケ


スズメタケ

 

<比較表>

  ヤコウタケ
(グリーンペペ)
スズメタケ
キシメジ科 キシメジ科
大きさ 傘の直径5-10mm程度が多い 傘の直径5mm以下
色・形 白で、ぬるぬるした感じ。
傘の裏はひだが見える

白で、

よくみると小さな穴がたくさん見える

光具合 緑色によく光る菌糸もボーっと光る 白っぽい弱い光
寿命 キノコは3日ぐらい 不明
個体数 1ヵ所で数個程度
まれに数十個
まとまって群生
出る場所

湿った沢沿いなどの樹木の枯れ枝
雨上がりのあと数日後や
梅雨時ががいい

林内の枯れ枝

シーズン 一般的には4-11月くらい 一般的には4-11月くらい
     

 

普通、ナイトツアーで探してみるのはグリーンペペの方です。

マルベリーのツアーではスズメタケも紹介できる場合もあります。

 

スズメタケは微発光なので、

ヤコウタケが出ているときは物足りなさを感じます。

しかしグリーンペペがないときには、これでも重宝します。

 

スズメタケは群生して出ていて、微発光ゆえに、

どの固体が光っているのか、正確には分かりづらいです。

ナイトツアー

 

両者とも、

子実体の発光が見られる時期は4-11月ぐらいです。

 

12-4月頃までは

光るきのこはほぼ見られないと思っていただくのが無難です。

 

書籍などによると、

小笠原にはエナシラッシタケもあるようです。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。