マルベリー

オガサワラオオコウモリ、バナナの繊維にからまり注意!


 

オガサワラオオコウモリ、

バナナの繊維にからまり注意!

 

事例としてはほとんどないらしいのですが・・・

 

以前に、

バナナの繊維で片腕がからまってるのを見つけたことがあります。

 

写真でも分かるように、

茎の部分にかなり繊維状のものが出ています。

 

これにからまっていたのです。

 

そのとき、すぐにレスキュー呼んで、命には別状なしでした。

 

しかし、かなりダメージはあったようです。

1ヶ月ほどたちますが、いまだに保護施設にいます。

人間でいえば、腕の骨折でしょうか?

 

どういう状況でからまったかというと・・・

 

バナナの茎の髄のほうをかじっていて、動き回っているうちに、

片腕に繊維がまとわりついて、取れなくなって、さらに動き回って、

からまったあのではないかと想像します。

 

ほとんどないとはいえ、一度見ているときになるので、

たまにチェックに行っています。

 

オオコウモリは来ていましたが、からまりはありません。

オオコウモリさん、からまりに注意して下さいね。

 

僕はこれ以外に、

タビビトノキのかたい葉柄の間にはさまって死んでいるのも見たことがあります。

これも動けなくなって死んだものと想像します。

やはりかなりレアだったようです。

 

小笠原(父島)で比較的見つけやすい天然記念物

 

ナイトツアー

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。