マルベリー

広島・江田島海上自衛隊学校訪問記(2010年訪問・再編集版)


 

広島・江田島海上自衛隊学校訪問記

(2010年訪問・再編集版)

 

2010-1月、広島県江田島海上自衛隊学校を視察した記録です。

 

午後、江田島海上自衛隊幹部候補生学校・第1術科学校を訪れました。

 

元は明治21年に築地から移転した海軍兵学校です。

坂の上の雲、日露戦争で有名な秋山真之は明治23年主席卒ということですので、

途中からはここで学んだのですね。

 

見学は、

入口で受付を済ませ、指定された待合所で待つのち、案内人がつきます。

(無料・案内人は自衛隊ОBのようです。)

 

見学コースは、講堂(内部も)、旧海軍兵学校生徒館(外観のみ)、

教育参考館(資料館で内部見学、撮影不可)、外部展示の砲弾、特殊潜航艇などです。

時間は1.5時間くらいでした。

講堂、生徒館、教育参考館の大きさ・立派さにはびっくりしました。

 

説明によると、

エリート将校が、海外に出た時に、圧倒されないよう慣らしておくためだそうです。

この話は妙に納得しました。

 

今でもこの場所は片田舎という感じで、場違いなぐらいここの建物群は立派です。

それが戦前からあるんですよね。一見の価値ありです。

 

ここは

テレビ・映画などのロケで使われることもあるようです。

 


江田島 海上自衛隊学校入り口

案内板

講堂正面

講堂内部

講堂天井

教育参考館 資料館( 内部は撮影禁止)

幹部候補生学校(旧兵学校生徒館)



廊下

電灯

戦艦「陸奥」主砲遠望

戦艦「大和」主砲弾 91式徹甲弾

三景艦(松島・橋立・厳島)主砲弾 32cm

特殊潜航艇

 

 

戦跡ツアー

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。