マルベリー

小笠原のは白いオオノウタケ


オオノウタケ、小笠原のは白い

 

例年、8月頃から、台風などで雨が降って湿っぽくなってくると、

子実体が見られるようになるオオノウタケです。

 

菌根菌タイプなので、枯れ木ではなく、地上から出ます。

 

サイズはかなり幅があり、直径5-20cmぐらいです。

表面はしわが入り、まさに脳みそのようです。

 

表面を触るとるとかなり弾力があります。

色はかなり白いです。

 

 

内地で出るオオノウタケはもっと茶色いようです。

研究者も違いを把握しているようで、

下記の論文では固有候補種として考察されています。

 

オオノウタケも含む論文資料

https://www.kahaku.go.jp/research/publication/memoir/download/52/52_17.pdf

 

小笠原のオオノウタケも徐々に茶色くなってきます。

茶色くなると、もう弾力はなくなっています。

 

触ると煙のように胞子が飛んでいきます。

自然状態だと、風が当たったり、雨粒が当ったりすると、

胞子が飛んでいくのでしょうね。

 

 

オオノウタケ、大きいノウタケで、表面が脳みそに似ているところからの和名です。

漢字では「大脳茸」となります。

 

本種は若い子実体で、内部が白いうちは食用になるとのことです。

そのときは美味とされています。

僕はまだ未食なので、美味かは判断はつきません。一度食べてみますか。

 

このブログできのこの話題はそう多くないので、

今のところ、専用のカテゴリーは設けていません。

なので、きのこの記事は「自然」となります。

 

ちなみにきのこは菌類なので、植物でも、生き物(動物系)でもありません。

これからカテゴリー作るときは「菌類」を作ります。

まだ様子見です。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。