マルベリー

掃海艇「ちちじま」見学記録(2013年・再編集版)


 

掃海艇「ちちじま」見学記録(2013年・再編集版)

 

 

概要

 

2013年10月、

二見岸壁での「ちちじま」乗船見学での写真記録です。

息子と一緒に乗船しました。当時、4年生ぐらいです。

 

掃海艇「ちちじま」、自分の住んでいる島名のついた自衛艦です。

島民としては乗ってみたいという感じになりますね。

 

所属が横須賀なので、

演習などの途中で、小笠原に寄港することは、あるのだろうと思います。

 

 

掃海艇605「ちちじま」諸元

「所属」 横須賀

基準排水量:570トン  主要寸法:60M長×10.1M幅×4.5M喫水

速力:14ノット   装備:掃海装置1式、20mm機関砲1基など  乗員:48名

就役:2013-3-21

特徴:船体構造部がFRP   艦齢が30年に延長   

   船体強度、耐腐食性、電気絶縁性が大幅向上

https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/msc/enoshima/

 

 

最後に、自衛隊の皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

外観・外部

 


全景  船首 605ちちじま

 


船尾


浮環 

 
乗船タラップ


船首部甲板上 

 
20MM機関砲

 
船首

 
信号旗

 
65式8cm望遠鏡(興和製)

 
機雷掃討具S-10


フロート


後部甲板 機雷掃討関連


ダイバーのスーツ

 

 

 

 

船 内

 
操舵室


司令座席 

 
操舵部

 
コンパス


65式66㎝測距儀

 
操舵室 海図

 
洗濯機

 
浴槽


トイレ 

 
手動販売機


士官室 

 

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。