マルベリー

集落で咲いているハリツルマサキの花


 

集落で咲いているハリツルマサキの花

 

 

 

 

概要

 

ハリツルマサキ(ニシキギ科・外来種)は

南西諸島などに自生するする半つる性低木です。

小笠原では持ち込まれたので外来種です。

 

集落エリアでは植栽されたものが見られます。

近くの島民に聞いたところ、南西諸島から持ち込んだものということでした。

今のところ、野生化して広がってはいません。

 

ハリツルマサキは針蔓柾(針蔓正木)で、針とつくように茎にとげがあります。

トゲマサキともいうようです。

 

 

 

本種は雌雄異株ということですが、

父島で見られるのは、おしべ・めしべともあり、雌雄同株のようです。

(そういうのもあるとのこと)

 

 

 

 

 

花は多数つきますが、かなり小ぶりです。

花は白花5弁、おしべ5,めしべ1です。

 

 

この株は雌雄同株で、おしべ5,めしべ1がしっかりあります。

 

雌雄異種の株だと

雄株はおしべ5(めしべはなしか退化),雌株はめしべ1(おしべはなしか退化)のはずです。

 

 

 

 

 

樹形、葉、果実

 

つる性低木ということで、集落では生け垣として植栽されています。

葉の付き方は互生ですが、束生する部分もあります。

 

 

葉もかなり小ぶりです。親指の先ぐらいです。

表面にはつやがあり、縁には鈍鋸歯があります。

 

 

果実は蒴果でハート型に赤く熟れます。

 

 

 

 

 

 

見られる場所

 

奥村の集落内です。

清瀬・大村地区にあるかはまだ未確認。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。