マルベリー

夜明・湾岸道路での自生植物(18)タコノキ


 

夜明・湾岸道路での自生植物(18)タコノキ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

 

(18)タコノキ(タコノキ科・固有種)

 

タコノキは固有種で、各島に分布します。

雌雄異株です。

 

小笠原ではごく普通に見られ、なじみの深い樹木で、村の木にも指定されています。

支柱根、トゲのある葉、大きな集合果などが特徴的です。

 

常緑で、生えている場所で、低木から高木まで見られます。

高木林内では数は少なめです。

 

和名は「蛸の木」と書きます。

支柱根がたこ足のようだからでしょう。

「林投樹」というのもありますが、これは中国語でしょうか?

 

 

小笠原で自生のタコノキ科植物は本種とツルアダンの2種です。

ツルアダンは広域分布種です。

 

 

 

 

 

島名

 

現在、特に島名はありません。

 

かつて使われた言葉としては、「ルーワラ」や「カチャン」があります。

 

「ルーワラ」はハワイ語が語源のようです。

 

「カチャン」は

1675年に島谷が探検したころすでに使われていて、インドネシア語起原のようです。

 

 

 

 

 

ルート沿いの分布

 

このルート沿いでは、各所に見られます。

 

夜明道路沿いは、

昭和50年代後半(1980年代前半)に、街路樹として植栽されています。

以前、その頃の担当者だった方に話しを聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

支柱根

 

 

  名前の由来でもあり、

タコノキを特徴づけている1つが、気根の一種であるこの支柱根です。

 

支柱根は普通、幹の下方で主に出ますが、

高木になってくると、上の方から出ることもあります。

 

 

タコノキキは単子葉植物なので、幹が肥大成長できません。

樹高がのびてくると、幹の補助として支柱根が出てきます。

 

 

 

樹形

 

様々な環境に対応して生えていて、低木状から高木状まで見られます。

 

 

道沿いのものはまっすぐのびて高木状に。

 

 

岩場では這いつくばるようは低木状です。

 

 

 

 

 

幹や枝には大きめのトゲがポツポツと出ています。

 

    

 

幹断面写真です。ヘチマの繊維のようですね。

タコノキは単子葉植物で、基本的に、二次肥大成長はありません。

簡単に言うと、幹が太っていかないということです。

そういう植物は維管束が不規則に散らばっています。

 

断面をよく見ると、樹皮に近いところは繊維が密になっています。

強度を上げる役割があるのでしょうか。

 

幹の断面は、均一のように見えます。

単子葉植物ゆえ、形成層がないので、維管束がばらけているからですね。

 

 

 

 

 

花期は6-7月頃。

雌雄異株なので、花は雌雄で明確に違います。

 

 

 

雄花は穂状花序におしべだけが多数つきます。

花弁やめしべはありません。

花序を包んでいる総苞は、トウモロコシの皮のような色合いです。

 

雌花は花軸のさきに集合花で、

後述の果実の小さなものがはじめからついています。

 

 

 

 

 

果実

 

果実はもちろん雌株だけです。

 

 

集合果は人頭大ぐらいです。

熟れる前までは緑色です。

 

 

 

熟れてくると赤くなります。

そうなると、1つずつがばらけて地上に落ちます。

 

 

 

 

 

葉は付け根かららせん状に出ています。

とげに少し角度があり、

付け根から先に向かう方向ではあまり引っかかりません。

 

 

 

 

 

利用

 

果実は種の部分が食用に、葉は細工物として、利用されました。

 

これは長女が6年生の時、総合で作ったものです。

20cm角のマットです。

 

 

かつては種の部分を取り出し、つぶして味噌と混ぜて食べたようです。

 

オガサワラオオコウモリは外の果肉の部分をかじっています。

ペリットが落ちているので、すぐ分かります。

 

 

 

 

 

 

近縁種・アダンとの違い

 

タコノキの近縁種は南西諸島などに自生するアダンです。

 

     父島には、アダンが持ち込まれているかどうかは分かりません。

外来種のビヨウタコノキは集落内で植栽があります。

 

タコノキの特徴(アダンとの比較)

 

 

 

ツアーでは

 

島中に生えているので、おおむねどこでも紹介できます。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。