マルベリー

夜明・湾岸道路での自生植物(15)シャリンバイ


 

夜明・湾岸道路での自生植物(15)シャリンバイ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

 

(15)シャリンバイ(バラ科・広域分布種)

 

シャリンバイは、乾性低木林で、シマイスノキともに、代表的な樹木の1つ。

低木林内ではシマイスノキと混生しているところもありますが、

どちらかが優先して生える傾向があります。

シャリンバイはより土壌が浅いところや傾斜の強いところに優先します。

 

シャリンバイは車輪梅と書きます。

枝先の葉が輪生状につき、そこを車輪に見立て、

花がウメのようなので、車輪梅です。

 

本種は、低木林内で普通に見られ、個体数は多いです。

このルート沿いでは、夜明道路(奥村-中央山)までによく生えています。

海側の湾岸通り沿いにも生えています。

 

 

 

 

 

 

シャリンバイの花期は

普通春から初夏のようですが、小笠原では10月以降の涼期です。

場所によって花期にばらつきもあるので、かなり長期間花が見られます。

 

 

花はウメの花を小さくしたような感じで

花弁は白で5弁。おしべ多数、めしべ1(花柱・柱頭は2-3裂)。

 

 

おしべの花糸は

咲きはじめの頃は白いですが、徐々に赤くなってきます。

 

その部分を見れば、花の咲いたタイミングが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の由来の通り、葉は枝席に集中します。

ただ小笠原のシャリンバイの葉はそれほどきれいに車輪状に広がっていません。

 

 

葉は肉厚でややつやがあります。表面はかなり網目のようになっています。

 

 

 

 

島名

 

小笠原ではアレキサンドルやサンドルという島名があります。

語源は「AX HANDLE(斧の柄)」で

アックスハンドルがアレキサンドルやサンドルに転じたようです。

 

材がかたいところからついた名で、

実際には斧の柄として使われていたのかは分かりません。

実物も見たことはありません。

 

 

 

 

シマイスノキとの見分け

 

ぱっと見ると似ているので、見慣れていない人には

見分けがつかないことがあるようです。

 

見分けの1つが葉の付き方です。

シャリンバイ(車輪梅)は、葉が先端部で輪生状につきます。

シマイスノキは先端まで互生で葉が出ています。

 

夜明・湾岸道路一周での自生植物(11)シマイスノキ

 

もう1つは花です。

花期が一緒ではないですが、花の形が全然違うので、一目で分かります。

 

シャリンバイは白花5弁、

シマイスノキは花弁がない、赤いおしべが目立つ花。

 

 

 

 

染料としての利用

 

奄美大島で買った大島紬の小銭入れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大島紬は

染料として、シャリンバイの樹皮などの部分が利用されるそうです。

 

小笠原での利用は聞いたことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアーでは

 

シャリンバイは山地にあり、個体数も多いので、

ほとんどのツアーで見ることはできます。

 

 

森歩きではシマイスノキとの違いも見ていただきます。

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。