マルベリー

夜明・湾岸道路での自生植物(16)テリハボク


 

夜明・湾岸道路での自生植物(16)テリハボク

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

 

 

(16)テリハボク(フクギ科・広域分布種)

 

テリハボクは海岸性の代表的な樹木です。

かなり大木にまで成長します。

 

海沿いの湾岸道路では普通に周辺で見られます。

山地の方でも、わずかですが生えていたりもします。

戦前に山道沿いに植えられて大きく成長しているのもあります。

 

テリハボクは照葉木と書きます。

葉の表面は和名の由来の通り光沢があります。

 

島名はタマナで、

これは南洋の島(ミクロネシアあるいはポリネシア)から来たようです。

小笠原ではテリハボクよりタマナの方が知られています。

 

前述の通り、

このルート沿いでは、湾岸道路(扇浦-奥村)で普通によく生えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月ごろから、花期を迎えつつあります。

総状花序の先に、ヒメツバキより少し小ぶりの白花をつけます。

 

 

花と萼片がほぼ同じ白色で、一見、区別がつきません。

つまり、花弁が8のように見えます。

手前の大きめの4弁が花弁、奥側の大2弁・小2弁が萼片です。

 

おしべ多数、めしべ1で、

めしべは赤い子房がアクセントになっています。

 

 

 

 

 

葉は対生、楕円形で15-20cmほどの大きさで、表面は光沢があります。

テリハボク(照葉木)という通りです。

 

 

 

 

 

樹皮

 

 

樹皮は黒っぽくて、表面に大きめのひび割れが入ります。

 

 

 

 

果実

 

 

 

果実はゴルフボールぐらいの球状。

 

種子は食用になりませんが、オイルを取ることができるようです。

タマヌオイルといわれています。

 

タマヌオイル(テリハボク種子油)

 

果実は海にも浮き、海流散布に適しています。

 

外側の果肉の部分は、オオコウモリの餌にもなるようですが、

オガサワラオオコウモリはそれほど好んでいないように感じます。

同じ海岸性のモモタマナ果実にはよく来ています。

 

 

 

 

外来種?

 

テリハボクは広域分布種となっていますが、外来種疑惑もあります。

実際に大東島では持ち込まれたようです。

 

本種は海流散布タイプです。

同じ海岸林で、

海流散布のモモタマナと遺伝的な面を比較すると、違いがあります。

 

モモタマナは大きくは2つの遺伝的グループに分けられ、

聟島・父島列島と母島列島で優先のグループが分かれています。

 

しかしテリハボクは

3つのグループに分けられるものの、地理的な関係がありませんでした。

 

解説では、各島への植栽の影響となっていましたが、

そもそもが持ち込まれたからと考えることもできます。

 

 

 

ツアーでは

 

テリハボクハどこの海岸でも生えています。

浜辺にいったときに紹介することもあります。

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。