小笠原マルベリー

海に近い現存天守、愛媛県宇和島城(2020年11月訪問)


 

かつては海に面した現存天守、愛媛県宇和島城(2020年11月訪問)

 

 

 

概要

 

2020年11月,愛媛県宇和島城を訪れました。

現存天守としては11城目です。

宇和島城 – 宇和島市ホームページ (city.uwajima.ehime.jp)

宇和島城【宇和島市観光物産協会】 (uwajima.org)

 

この天守は,1666年に再建されたものです。

(1671年というのもあり)

 

当時は海と堀で巡らされた城でしたが、

現在は、堀や海の埋め立てが進んで平山城のようです。

いまだ海は近いので、天守からは海も見えます。

 

天守は標高80Mの城山の上にあります。

ふもとからの坂道を徒歩で上って行くことになります。

 

宇和島はこの城だけ訪れて、すぐ次の目的地をめざしたため、

まちなかはまったく見ていません。

名物の宇和島鯛めしも松山でいただきました。

 

四国の名物食で小笠原の食を考える

 

 

 

 

 

宇和島城

 

 

登城口の1つ、桑折長屋門

 

天守遠望

本丸からの天守

 

 

天守最上階

 

部分的に補助の石が入る階段

段差も大きい階段なので、歩くにはこの補助段が有効です。

 

 

 

展望

 

もともとは海城だったところです。

今でも海は見えます。

 

北側(海側)展望

 

東側展望

 

 

その他

 

観光地ではそれぞれ案内板があります

親切なものもあれば、わかりにくいのまります。

宇和島城の案内板はマップと行き先が明示されて、わかりやすいですね。

 

地図と行き先記載の案内板

 

 

えひめの名城 歴史だけじゃない、名城めぐりのお楽しみ

|愛媛 旅の特集|愛媛県の公式観光サイト【いよ観ネット】 (iyokannet.jp)

 

祝・現存天守12城制覇!!

 

日本の城 訪問記

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。