目次

カンヒザクラの花3輪(’21/1/10)

 

 

解説

 

例年、小笠原では、一月中には咲き始めるカンヒザクラ(バラ科・外来種)。

 

カンヒザクラも落葉樹で、落葉中に開花し、

花が終わる頃から新葉が出てきます。

 

2021年は1/10に3輪の花を確認しました。

まだ、すぐには花が増える感じでもなかったです。

 

 

 

花の盛りはまだしばらく先でしょう。

 

いずれこのように花の盛りを迎えることでしょう。

 

小笠原にはバラ科のサクラは自生していません。

ただし、科の違うシマザクラ(アカネ科・固有種)というのがあります。

 

桜ではない、アカネ科のシマザクラ花

 

 

カンヒザクラは「寒緋桜」と書きます。

ヒカンザクラともいいますが、

ヒガンザクラと紛らわしいので、カンヒザクラのほうが一般的です。

 

実際の花色は緋色というよりは濃桃色じです。

 

花は5弁、おしべ多数、めしべ1です。

 

果期にはサクランボがつきますが、かなり酸っぱいです。

 

 

 

 

 

ツアーでは

 

カンヒザクラが植栽されている場所はそれほど多くはありません。

小笠原亜熱帯農業センター展示園駐車場わきのがわかりやすくていいかと思います。

ここは景観ツアーでたまに訪れます。

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

自然景観(島内観光)ツアー | マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。