小笠原マルベリー

『出孤島記』(島尾敏雄)


 

『出孤島記』(島尾敏雄)

 

概要

 

『出孤島記』(島尾敏雄)

島尾敏雄 『出孤島記』 | 新潮社 (shinchosha.co.jp)

 

全9編です。タイトル「出孤島記」は戦記文学です。

他の作品は、戦記物(「朝影」「夜の匂い」)とそうではないものとあります。

 

出版社の説明文では、

「南海の孤島にたてこもり、

 ベニヤ板で作られた“自殺艇”による絶望的な特攻作戦に従事する若い指揮官と180名の部下たち。

 死の呪縛のなかで出撃命令を待つ彼らの一触即発の極限的な状況を、

 人間の生と死の本質を見据えつつ、

 緊迫した文体と重いリアリティで捉えた戦記文学の名作「出孤島記」他、

 「格子の眼」「砂嘴の丘にて」「朝影」「夜の匂い」「子之吉の舌」「むかで」

 「冬の宿り」「川にて」。島尾文学の傑作全9編を収録。」

 

 

感想

 

戦記物については、決して面白いものではないのですが、

当時の複雑な心情がよく出ていると思います。

複雑な心情は島尾氏の性格によるところもあるのだと思います

戦記物はほぼ島尾氏の体験に基づくものです。

 

著者は実際に加計呂麻島の震洋隊長として配属されていました。

結局、出撃はありませんでした。

そんな中で、隊長という特権?をうまく使って、地元の女性に恋をしていました。

(実際にその人と戦後結婚)

 

戦記物ではない島尾氏の作品は

屈折した感情がにじみ出ていてそれほど好きになりません。

僕の感性ではあまりうまく受け止められません。

正直言うと、あまりおもしろく感じませんでした。

 

 

 

既読の島尾作品

 

「出発は遂に訪れず」(島尾敏雄)

 

「魚雷艇学生」(島尾敏雄)

「震洋発進」(島尾敏雄): マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

「新編 特攻体験と戦後」(島尾敏雄・吉田満): 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。