小笠原マルベリー

陸軍軍用食器(名古屋製陶所製)


 

陸軍軍用食器(名古屋製陶所製)

 

概要

 

我が家にある陸軍軍用食器。

妻が社協のあゆみの店から手に入れたものです。

山から持ち帰ったものではありません。念のため。

これは金属製(アルマイト)の代用だったようです。

(代用食器)

このタイプのものは茶碗くらいの大きさです。

皿のようなものもあるので、いくつかの形があるかと思います。

 

裏には「名陶」と印されています。名古屋製陶所のことです。

現在は鳴海製陶のようですね。

鳴海製陶株式会社/食器・洋食器の「ナルミ」ボーンチャイナ (narumi.co.jp)

ところで、僕は、陶磁器の違いがわかりません。

これは、陶器?磁器?

 

 

 

実物写真

 

食器は複数の形のものがあるようです。

 

底面 名陶の印 名古屋製陶所の略

 

 

 

 

水戸一高校章

 

左上の缶バッヂのマークが水戸一高校章です。

水が意匠になっています。

星と水の違いがあれど、やや似ていますね。

 

 

見るには?ツアーでは?

 

戦跡ツアーでめぐる夜明山ルート沿いに割れたものが複数落ちています。

千尋岩ルートでも落ちています。

自由に歩けるルートでは大根山公園の海軍慰霊碑のところにあります。

(なぜ海軍の慰霊碑に陸軍のものが置かれたかは不明?)

 

戦跡ツアー、千尋岩ツアーでご紹介します。

戦跡ツアー

 

夜明山戦跡群

 

千尋岩(ハートロック)ルート

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。