小笠原マルベリー

夜明・湾岸道路での自生植物(36)シロトベラ


 

夜明・湾岸道路での自生植物(36)シロトベラ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

(36)シロトベラ(トベラ科・固有種)

 

小高木で、雌雄異株のシロトベラ。

4-5月頃が花期です。

花期にはさっぱりとした芳香が漂います。

 

和名の由来の通り、樹皮はかなり白っぽいです。

 

シロトベラの分布は父島列島(父・兄・弟)・母島です。

父島では明るい疎林地や林縁などでぽつぽつと生えています。

低木林にはあまりありません。

 

この夜明・湾岸道路ルート沿いでは、

夜明道路沿い(奧村から中央山にかけて)数本見られます。

 

島一周 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

 

 

和名

 

シロトベラは「白扉(白海桐)」と書きます。

 

白(シロ)は樹皮の白いところからのようです。

トベラ(扉・海桐)については、

扉は、扉にさして魔除けに使ったというところから、

海桐は漢名から来たようです(詳細不明)。

 

小笠原には他に

オオミトベラ(大実扉)、コバトベラ(小葉扉)、ハハジマトベラ(母島扉)などがあります。

 

なお、

和名の似ているクサトベラ(クサトベラ科・広域分布種)は科が違います。

葉はかなり大きいですが、トベラの葉に似ているところからの由来のようです。

 

クサトベラ群生地

 

 

 

 

 

種分化

 

本種は

近縁種(トベラ)から4種に種分化しているうちの1種です。

他にはオオミトベラ、コバトベラ、ハハジマトベラです。

 

シロトベラは小高木で分布も広く、個体数も多いです。

オオミトベラは低木で、父島の中央山周辺の乾性低木林内のみに分布します。

コバトベラは低木・小低木で、父島・兄島の岩石地にわずかに分布します。

本種は種の保存法に指定されています。

ハハジマトベラは低木で、母島列島にの低木林内に分布します。

 

この4種はそれぞれの異なる環境で隔離されることで

種が分かれていったものと考えられます。

 

父島ではハハジマトベラ以外の3種が見られます。

 

その3種はかなり近い所に分布しています。

ひょっとしたら、種分化後に、また分布が近づいたのかもしれませんね。

 

 

樹皮

 

個体差はありますが、和名の由来の通り、かなり白っぽい樹皮

 

 

 

 

葉は枝先に輪生状に集まります。

 

形は全縁、卵状長楕円形、先が尖るものと丸いものがあります。

 

 

花期は4-5月。

雌雄異株なので、花のつくりが雌雄で異なります。

(両性花もあるかどうかは分かりません。)

 

花期には花序に多数の花をつけます。

さっぱりとした芳香です。

 

雌雄の花とも基本の花のつくりは同じで、

花は乳白色5弁、おしべ5、めしべ1(柱頭3裂)です。

 

雄花(雄株の花)はおしべの葯がしっかりついています。

めしべもそれなりに分かります。

 

雌花(雌株の花)はおしべの葯が退化気味です。

めしべの子房がよりふくらんでいます。

 

 

ツアーでは

 

シロトベラは林縁などでぽつぽつと生えていて、

意外と見つけづらいです。

 

おもに森歩きツアーで紹介します。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。