小笠原マルベリー

要塞神社、陸軍要塞司令部裏の斜面上に


 

陸軍要塞司令部裏の斜面上にあった要塞神社

 

概要

 

父島西町には、かつて陸軍要塞司令部がありました。

司令部裏にある斜面の上の方に、要塞神社も建立されていました。

当時は、司令部裏から坂を上ってお参りしたものと考えます。

 

戦後、司令部の場所は住宅地になっています。

坂の上にあった神社の場所は樹林になっていて、

残ってるのは祠の基礎、石灯篭、碑などです。

 

祠の基礎や石灯篭は藪の中に残っています。

祠基礎やその周辺はかなり立派なブロック状の石積みで作られていました。

 

要塞神社碑は都道沿いの道端にあります。

資料によると、

戦後、下の谷にあったものを、現在の位置に運んだということです。

 

碑は、表面「要塞神社」

裏面「第十二代要・・ 陸軍大佐・・・」

これは十二代要塞司令官は川上護大佐と推定されています。

昭和17年5月14日には、例大祭が行われています。

「14日(木):午前中は小港へ魚釣りに行く。

 要塞神社のお祭りで、大村小学校校庭で、

 兵隊の余興があって、大変に賑やかであった。」

田五三二氏の父島軍隊日誌 (ogasawara-mulberry.net)

亀田五三二氏の父島軍隊日誌 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

なお、現在の碑の位置と神社の位置は、

谷を隔ててかなり離れてしまっています。

 

 

 

祠基礎・石灯籠の場所

 

祠基礎  祠基礎や後ろの壁はブロック状の石積み

 

斜面下から階段が残っています。

 

上から見下ろしたところ 祠の前に石灯籠も残ります。

 

 

 

要塞神社碑

 

表面「要塞神社」

 

裏面「第十二・・・陸軍大佐・・」

かなり文字が欠けています。

「第十二代要塞司令官 陸軍大佐川上護」と推定します。

 

 

 

 

見るには?

 

祠の方は藪の中で、足場も悪いので、行くのが大変です。

ツアーで行くことはまずありません。

 

碑は道端にあるので、前を通ったときに紹介したりします。

 

全ツアーメニュー

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。