小笠原マルベリー

夜明・湾岸道路での自生植物(37)メヘゴ


 

夜明・湾岸道路での自生植物(37)メヘゴ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

(37)メヘゴ(シダ・ヘゴ科・固有種)

 

メヘゴは父島のみ分布する低木性木生シダです。

 

木のように幹のあるシダを(木生あるいは木性)シダといいます。

木生シダというと、背丈の高いイメージがありますが、

メヘゴはせいぜい3-4mまでの低木性です。

 

小笠原で木生シダは4種あります。

うちムニンエダウチヘゴは南硫黄島だけに分布する固有種です。

他の3種は小笠原群島に分布し、父島では3種とも見られます。

3種のうちマルハチ・メヘゴが固有種で、ヘゴは広域分布種です。

メヘゴは父島のみ分布します。

 

この夜明・湾岸道路ルート沿いでは、

夜明道路沿い(中央山付近)で数本見られます。

 

島一周 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

 

 

 

和名

 

メヘゴは「雌桫欏あるいは雌杪欏」と書くようです。

 

ヘゴの語源は不明ですが、

奄美群島や南西諸島によく見られるので、その地方の方言であろうかと想像します。

メヘゴは、小さいヘゴという意味で、メ(雌)がついたのでしょう。

 

小笠原では、

高木林内の日陰に生えることからか「ヒカゲヘゴ」とも言われてしました。

ただし、ヒカゲヘゴという和名のシダがあるので紛らわしいですね。

 

 

 

 

実際の様子

 

歩道沿いの説明板

 

生息地は、日中でも、日があまりささない、やや薄暗い高木林内です。

群生するのが普通です。

 

背丈は1-2mが普通で、3-4mになるものはまれです。

 

幹にはマルハチと違い葉柄痕が残ります。

 

夜明・湾岸道路での自生植物(19)マルハチ

 

 

葉柄ははじめ薄緑ですが、のちに紫黒色になります。

 

葉は2回羽状複葉です。

 

葉柄は紫黒ですが、葉がつく羽軸は薄緑色です。

 

葉の裏に丸っこいソーラス(胞子嚢群)をつけます。

 

 

胞子嚢群は2列(主脈の両側に1列ずつ)でつくことが多いです。

ソーラスを包む包膜はありません。

 

 

 

 

 

見るには?

 

夜明道路沿いの山中で見られます。

湿っぽい高木林にあるので、森歩きで紹介します。

 

森歩き

 

中央山や旭山の歩道沿いでも生えています。

中央山は景観ツアーで寄ることもあります。

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

フィールド紹介

 

なお、

父島南部にはほとんどないので、千尋岩コースにはありません。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。