小笠原マルベリー

安城市・海軍明治航空基地(’21/5月訪問)


 

安城市・海軍明治航空基地(’21/5月訪問)

 

概要

 

’21/5月、安城市・海軍明治航空基地を訪問しました。

安城市/明治航空基地 (city.anjo.aichi.jp)

明治基地平面図 (city.anjo.aichi.jp)

meijikokukiti.pdf (city.anjo.aichi.jp)

 

当時の基地

 

場所は安城市南部の袖ヶ淵に近い平坦地にあります。 

油ヶ淵水辺公園|碧南と安城をまたぐ天然沼湖のある県営都市公園

 

ここの跡地は飛行場や自衛隊の基地としての利用はなく、

宅地や農地になっています。

そういう中に、当時の名残が少し残っているので、

探すのも手間がかかりました。

 

僕が見てきたのは慰霊碑、燃弾庫、弾薬庫などです。

燃弾庫とは、

航空機に使用する燃料(ドラム缶入り)や弾薬を、空襲から守るために造られたものです。

 

 

現地の様子

 

明治航空基地之碑

慰霊碑

 

碑文

 

碑文

「太平洋戦争たけなわの1943年4月、横須賀海軍施設部の監理の下、

 当時の愛知県碧海郡明治村大字東端、根崎、和泉の三集落に挟まれた約200ヘクタールの農地に、

 海軍の軍用飛行場の建設が始められた。

 そして、翌年5月下旬から終戦の1945年8月15日にいたるまで、

 建設工事と並行して海軍航空隊が航空基地として使用した。

 その間、配備航空隊は、訓練部隊として練習航空隊の教育を終えた搭乗員に対し、

 当時の各種新鋭機(「零戦」「紫電」「月光」「彗星」「天山」「彩雲」等)の使用に

 慣熟させるための錬成訓練を行うとともに、

 1944年12月から翌年4月にかけては、作戦部隊として、

 主に名古屋地区に来襲した米陸軍長距離戦略爆撃機B-29の迎撃や、

 米軍沖縄攻略部隊の撃滅作戦(沖縄特攻作戦)に参加した。

 また1945年1月13日早朝、この地を襲った三河地震

(東端の被害、住宅全壊77、同半壊121、死者24、重傷5、軽傷361等)の際は、

 近隣町村被災者の救出・救援並びに災害の復旧に当たった。

 太平洋戦争終結50周年を記念し、改めて世界恒久平和を祈念するとともに、

 その歴史的事実を後世に伝えるため、この碑を建てる。」

                   1996年3月 東端町内会 

 

 

「明治航空基地配備航空隊名」 

 1944年5-7月 第三四五海軍航空隊明治派遣隊 

 同年7-9月 第三四一海軍航空隊明治派遣隊 

 同年9月-終戦 第二一〇海軍航空隊 

 1945年6-終戦 東海海軍航空隊 
 

 

 

 

 

燃弾庫

3箇所でそれぞれ1つずつ確認しました。

 

説明板

 

 

説明板(部分拡大)

燃弾庫は長さ約11m、幅3.5m、内部高2m

 

燃弾庫1 畑地にあるもの

 

同  側面

 

燃弾庫2  老人施設の駐車場にあります(立ち入り可能)

www.higashibata.org/tokuyou.html

 

同2  内部

 

燃弾庫3 人家内にあり、入口はふさがれています

 

 

 

 

 

弾薬庫

 

弾薬庫1  

改修され利用されているもの(民間の倉庫?)

燃弾庫1のすぐ近く

 

弾薬庫2 壁の一部のみ残る

 

2つの弾薬庫は道路を隔ててならびます

 

 

 

その他

 

油蒸留場跡  

燃弾庫1のすぐそば

 

 

 

 

戦跡参考記事

 

 

 

 

父島海軍航空隊の名残

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。