小笠原マルベリー

「ジキルとハイド」(ロバート・L・スティーヴンソン)


 

「ジキルとハイド」(ロバート・L・スティーヴンソン)

 

概要

 

1886年発行、

「ジキルとハイド」(ロバート・ルイス・スティーヴンソン)。

ロバート・L・スティーヴンソン、田口俊樹/訳 『ジキルとハイド』 | 新潮社 (shinchosha.co.jp)

ジキル博士とハイド氏 – Wikipedia

 

「ジキルとハイド」は有名な小説ですが、

僕はこの歳になるまで(50代後半)、ちゃんと読んだことはありませんでした。

 

ですので、知っているのは、

ジキルとハイドが同じ人物で、二重人格者ということぐらいでした

 

ジキルは、どうやってハイドに変わるか、

最後はどうなるのかなど、まったく知りませんでした。

 

 

 

内容

 

舞台はロンドン。

博士として一角の人物なジキル、あやしげな行動が目立つハイド。

ハイドはジキルの家に入ったりするので、なにか関係がありそう。

 

ジキル博士は遺産相続はハイド氏にという遺言を弁護士に依頼をしていました。

その弁護士は困惑。

弁護士はハイドを調べるようになります。

 

ジキルは薬の服用によって、ハイドとなっていたのでした。

のち、だんだん薬が効かなくなり、ハイドからジキルに戻れなくなっていきます。

 

最後、ジキルは亡くなってしまいます。

悲しい結末でした。

 

ジキル氏がハイドになりたかった理由までは

本文からはわかりませんでした。

何が彼をそうさせて、死に至るまでにしてしまったのか?

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。