小笠原マルベリー

「鳥類学は、あなたのお役に立てますか?」(川上和人)


 

「鳥類学は、あなたのお役に立てますか?」(川上和人)

 

概要

 

2021年3月発行、

「鳥類学は、あなたのお役に立てますか?」(川上和人)

川上和人 『鳥類学は、あなたのお役に立てますか?』 | 新潮社 (shinchosha.co.jp)

 

初出は

「小説新潮」2018年-2020年の2年ほど連載されていたものです。

本書では22編を6章立てで紹介しています。

 

本書のタイトル、さてあなたの答えはどうでしょうか?

生活に役に立つということはほとんどないけど、

自然を考えるときのいいヒントにはなりますね。

 

この著者の文章には

無駄な装飾語・特殊な用語(アニメなど)がやたら多いので、

そこが引っかかる人もいる気がします。

個人的に著者を多少は知っているので、あまり悪くは言いませんが・・・

 

小笠原研究者で、島民に知られていない方は、

川上氏を見習って、もっと知られるように努力してくださいね。

(研究だけでなく、執筆、講師、会議などで)

 

島では解剖の講師をやってくれたこともあります。

白衣のDr.KAWAKAMI(川上和人氏): マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

会議の苦労・苦悩は

本編ではなく、「はじめに」で最初に出てきます。

 

川上氏は小笠原の鳥類研究者ですが、

内地にある研究機関に所属しているので内地在住です。

内地の鳥類の研究や他の業務もやっています。

 

本書の目的の1つに、

オガサワラカワラヒワのことを知ってもらうというものあります。

「おわりのおわりに」にあります。

皆さん、興味を持って下さい。かなり絶滅に近い存在なのです。

 

 

 

目次

 
はじめに 鳥類学者の罪と罰
 
第一章 鳥類学者、絶海の孤島リターンズ
 
第二章 鳥類学者には、秘密がある
 
第三章 鳥類学者は、妄想する
 
第四章 火山島の、鳥類学者
 
第五章 鳥類学者は、名探偵
 
第六章 鳥類学者は、振り向かない
 
おわりに 鳥類学者の役と得
 
おわりにのおわりに ティンカー・ベルのお願い
 
 
 
 
 
 

内容

 

内容は小笠原鳥類がメインです。

 

南硫黄島、北硫黄島、西之島、西島、南鳥島、母島列島などの

属島調査のこともよく盛り込まれています。

 

セグロミズナギドリ、オガサワラカワラヒワなど、

希少な鳥のことももちろん書かれています。

 

そして答えが出なさそうな根源的な難問にも挑んでいます。

「なぜ、自然を守るのか?}

 

鳥の研究については一言です。

「好きだから」、明快ですね。

 

余談ですが、僕も北硫黄島調査には行ったことがあります。

グループは別ですが、川上氏もいました。

 

北硫黄島調査上陸(2009年訪島・再編集版)

 

タイトルの通り、皆様のお役に立てれば幸いです。

「鳥類学は、あなたのお役に立てますか?」

 

 

 

 

川上氏は関西人

 

川上氏は標準語を喋り、東大卒でもあるので、

全くもって、関西人には見えない。

会って喋っていても、まず分からないと思います。

川上和人 | 著者プロフィール | 新潮社 (shinchosha.co.jp)

 

しかし、プロフィールにはしっかりと大阪府生まれとなっている。

さらにあるインタビューでは

京都の中・高であることも話しています。

<受験と私>鳥類学者の川上和人さん 気持ちをうまく切り替えて :

 

 

そして、僕が見逃さなかったのが、88ページです。

たとえとして、エンターテイメント施設が出てきました。

USJ、これは大阪とは言っても、全国区。

そして次にひらかたパーク。これはかなりローカルです。

関東の人には知名度が低いでしょう。

ひらかたパークといえば、菊人形、私市(きさいち)といえば芋掘り。

これは僕の認識です。僕も関西人なので。。

川上氏がここで関西人であることがばれてしまいました。

 

川上和人: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。